スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
05.12.31 Saipan ボン・ヴォヤージ
- 2005/12/31(Sat) -
PM4:00 ボン・ヴォヤージが始まる。
サイパン ボン・ヴォヤージ

2日間楽しんだサイパンともお別れ。
出港風景を、そして歌や踊りを楽しむためにみんなリドデッキに集まり始めた。
南の島では、お別れのときに「フラワーシャワー」を上空のヘリコプターから降らせるというので、それも楽しみの一つ。

ボン・ヴォヤージ ヘリコプター

歌にダンスに盛り上がる中、いよいよクライマックス!
ヘリが遠くから近づいてくる。

フラワーシャワー

デッキを目がけてのまさしくフラワーシャワー
ハイビスカス・ブーゲンビリア・プルメリア・・・南国の花々が空から降ってくる様はスゴイ!!のひとこと。


今夜のドレスコードはカジュアル
ディナーは中華

白切鶏、クラゲ、ピリ辛胡瓜の盛り合わせ
タラバ蟹と帆立貝の蟹そぼろ餡かけ
海老のチリソース炒め
とうもろこしと玉子のスープ
鹿児島産黒豚肉の中華サラダ仕立て
五目焼きそば
マンゴープリンのフルーツ飾り
ジャスミンティー

ウェイターの人たちはみんな笑顔

珍しいことに昨夜からあまり食事がはいらない。
元旦のパフォーマンスのプレッシャーかな・・・

ウェイターの人たちはフィリピンの人。人なつっこくて皆笑顔で対応してくれる。
片言の英語と日本語が飛び交い、「ありがとう」はタガログ語で「サラマッポ」
これで明日から「サラマッポ~」の連発だ。
他にも聞いたけど・・・難しくて憶えられず。無念


食事の後は、林家鉄平さんの落語で楽しく過ごし、いよいよ船上のカウントダウンへ突入!

作品_賀
船の教室 参考作品・・賀(はがき大)
スポンサーサイト
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
05.12.31  サイパンでダイビング初体験!
- 2005/12/31(Sat) -
サイパンの夜明け
サイパンの夜が明ける。

この島は、約22.4kmの白砂のビーチが続く。
年間を通してマリンスポーツができるので、日本でも人気のリゾートアイランド・・・なるほど、いろいろな面で余裕があれば気軽に遊びに来れそう。

サイパン マニャガハ島

今日はこのマニャガハ島の近くでダイビング。ちょっと波がある。

ダイビングへGO!

初体験の人たちが10名あまり、経験者も10名ほど、小さな船に乗って沖へ出る。
船はかなり風に煽られ、凄い揺れ・・・風も強く、しっかり掴まってないと転びそうになる。
早くも船酔い気味の方が・・・大丈夫でしょうか。
私は全てが初めてのこと!こういうものだと思えば船の大揺れも楽しんでしまう。ジェットコースターに乗ってると思えばけっこう楽しめる。

ダイビング初体験!

いよいよ海に潜る時が来た!
プロのダイバーと一緒なので安心。
あとは教えてもらった呼吸がちゃんとできればOK。嬉しくてドキドキワクワクがとまらない。


海に入った瞬間から、呼吸を意識する。普段は当たり前に呼吸してるのに、こんなに難しいなんて!!!

息を吐くことを強く意識する・・・しているつもりでも吸ってばかりいるらしく・・・もう、これ以上 息も吸えない!!
どうにかして!!と叫びたい。しかし!「死んでもマウスは離さないで!」と教えられている・・・どうすればいいの!?ともがきながら
そうだ、息を吐くんだ。吐いて・・・吐いて・・・吐いて・・・ひたすら吐くことを意識する。少しずつ落ち着きを取り戻す。
息の吸いすぎで死ぬかと思った・・・


漸く正常に呼吸ができるようになったと思ったら、今度は耳が~!
耳抜きも、教えられたようにやってるつもりでもなかなかしっかり抜けない。何度も何度もやってるうちにこれもクリア!

ロープを伝ってどんどん深く。波に流されそうになりながらも、
海の底が見えてきた。水深10mちょっとらしい。
海の世界に引き込まれる。私も魚になる(ホントは泳げないが)

感動!!! 感動!!! 感動!!!

魚たちが目の前を泳いでいく。
子供の小学校の国語教科書、スイミーを思い出す(けっこうレベル低)。
さんご礁にも触れてみる。
サメもいたらしい・・・私はもう、そこにいるだけでいっぱいいっぱいで、気付かなかった。とても残念。

水面を見上げればキラキラと、いくつもの波紋が重なり合い、隣り合いガラスのように透明な光りを揺らめかせていた。
なんと美しい世界!
いつまでもここで魚と海と戯れていたい・・・
と思うと同時にダイバーは酸素の量を確認。上に戻るジェスチャー。
名残惜しいが、言うことを聞いて船に戻る。

花
  
作品_花
船の教室 参考作品・・花(はがき大)
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
05.12.30 Saipan
- 2005/12/30(Fri) -
作品_遥か
船の教室 参考作品・・遥(はがき大)

AM5:30 船の上はAM6:30。サイパンへ向かう船は既にマリアナ諸島にはいっていました。

飛鳥クルー

早朝からクルーたちは忙しい。ここではボートの点検やその他の備品の点検。
カメラを向けたらこっちを向いてポーズしてくれました。

気温は28度 午前中にリドデッキのプールで道具をつけて、耳抜き等の練習。明日のダイビングに備える。。。ドキドキワクワクです。

PM2:00の着岸までのんびりとお洗濯。
6デッキにセルフサービス・ランドリーがあり・・・考えることは同じようで朝から混みあっていました。洗濯機・乾燥機・アイロン・洗剤全て揃っていて勿論無料、24時間利用できるようになっています。

PM2:00着岸
コバルトの海

コバルトブルーの海はどこまでも青く輝いていて、雲が少し出ていたけれどそんなことは気にしない!
ダイバーを乗せたボートもかなりの数が出ていました。


島に降りてバスでDFSギャラリアに降ろされたんですが・・・残念ながらここでは私の買うものが置いてない・・・シャネルやグッチではなくて、
私の欲しいのはチョコやドライフルーツ。庶民のお土産なのです。
DFSを通り抜け、お向かいのABCストアーへ直行!

ABCストアー

ありましたよ!ポップで楽しい小物からお菓子まで。
こまごまとたくさん買い込んで、さっさとバスへ。ブランド物に用がなければ買い物は速いですよ~。

船に戻ると厳しいチェック!
バスは船に戻ると厳しいチェック!パスポートのチェックとバスの外も隅々までチェック。バスを降りて、荷物チェックと身体検査。
徹底してます。

今夜はポリネシアン・ダンスで楽しいひと時を過ごしました。
男性は力強く且つセクシーなダンス、女性も腰を振り振りセクシーダンス。一言で言えばフラダンスみたいな感じです。
カメラ禁止でエネルギッシュなダンスを伝えられないのが残念です。

ドラゴンフルーツ

ディナーは和食。デザートにドラゴンフルーツとスターフルーツを初めて食べましたが・・・見た目よりかなり淡白な味でした。
何がドラゴンなのかって・・・外皮が薄いグリーンで鱗みたいになってます。それがドラゴンを連想させる?それとも果肉の赤が火を吐くドラゴンを連想?

この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
05.12.29 飛鳥をウロウロ
- 2005/12/29(Thu) -
29日午前2時に船内の時計を1時間進ませ、サイパンとの時間調整をする。
いよいよマリアナ諸島へ向かう。海の色の美しさには、ただただ感動。
波も穏やかになり、少しずつ気温も上昇中!


29日は終日クルーズ。
午後の仕事まで時間があるので、今日は飛鳥の中をウロウロしながら他の教室に参加してみることに。
AM9時まずはエアロビから。

10デッキ フィットネス・センター

ここは10デッキにあり、海を眺めながらエアロバイクなどのトレーニングマシンで汗を流すことができる。運動不足解消のため今日は、飛鳥プロダクションキャストの美しいジェニファーと一緒にエアロビ・・・身体のあちこちがギシギシと音がする。
ん~・・・これもディナーを美味しく食べるためとガンバル!
何せ、この船の中では私は多少若い方にはいるかも!なので、へこたれるわけにはいかない。

6デッキ シアター

1時間近く汗を流し、次は10時から6デッキシアターで映画「マイノリティー・レポート」を観る。。。。が、エアロビの疲れがどっと押し寄せ、居眠り状態・・・前半は殆ど見てない。
アッ・・・写真に私らしき者が写ってる・・・

お昼を済ませて午後は

ククイの実

「ククイの実ブレスレット作り」に参加。ブレスレットの下の「Asuka Daily」は、その日の予定やお知らせ・いろいろな案内などが載っていて毎日発行される。

参考作品いろいろ
船の教室 参考作品いろいろ

PM3時「書の教室」は嬉しいことに好評で、今回も定員を超え大忙しだった。
徹夜で書いた参考作品を皆さん見て書いたり、好きな言葉を書いたり、私自身も楽しい時間を過ごした。

今夜のドレスコードはカジュアル
ディナーは

タラバ蟹のカクテル
ミネストローネ
手長海老を使ったスパゲティー ペスカトーレ
田舎風ビーフシチュー
小笠原トマトとクリスピーベーコンのサラダ
ティラミスとオレンジのジェラート
コーヒー
パン


ディナーのあとは6デッキ グランドホールで「今 陽子コンサート」
ミュージカルや映画などで活躍中の今陽子さん、軽妙なおしゃべりと歌声を堪能!
まだまだ今日は終わらない・・・PM10:30より映画「ジョンQー最後の決断ー」を観る。

AM1時 明日はいよいよサイパンだ。

この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
05.12.28 父島寄港
- 2005/12/28(Wed) -
AM6:40 日の出を見る。
父島 日の出

父島はまだ黒く眠る島、島にかかる雲が次第に黄金色の縁取りをつける。とても美しい。
刻々と移る時の中で、空が徐々に明るくなっていく。
太陽が顔を覗かせ朝が輝きだした。
空と海と島が目覚め今日一日がまさしく始まる瞬間を実感!感動!


昨日までの揺れはウソのように、海は凪ぎどこまでも穏やか。
デッキに出てみても風が今までとは違い、南下してきたことを肌で感じる。

大型船のため岸壁には接岸できない。
AM8:00 父島沖に投錨。午前中、父島上陸。

東京の南南東約1,000kmにある小笠原諸島最大の島である。
世界的にも珍しい動植物が多く、「東洋のガラパゴス」と呼ばれているそうだ。
運が良ければホエールウォッチングもできるらしい。

AM7:00頃、キャプテンが鯨の海から跳ね上がる瞬間を見て放送してくれたが、残念ながら見ることができず・・・オプションのウォッチングも満員。期待してたのに!
午前中だけの限られた時間のため、9時頃上陸し村の大神山神社から展望台に登ることに。


父島1

小笠原ビジターセンターにある休憩所は南国らしい。手前の木は島民にはタコの足と呼ばれている。根が蛸足のようになってるとか。実の外形はバナナの先端だけを集めて丸くしたようなもの。
若者に聞いたら食べられないと言っていたが、年配の女性に聞いてみたら、昔は食べたそうだ。
赤く熟してくると、実がひとつずつポロポロと落ちてくる。外皮を剥くと種が出てきてそれを割って食べるんだと・・・うろ覚えだ・・・メモしておけば良かった。肝心の味のことも聞いたのか?定かでない。

神社の階段を登り続けるとやがて展望台に。島が一望できる。
父島二見港

二見漁港の風景。
海の色が違う!
青いグラデーションの海がほんとに美しい。
振り返れば、沖には飛鳥が停泊し、島の漁船がピストン輸送してくれている。
スターフルーツ

神社を下り、島のメインストリートを歩く。
初めてスターフルーツを目にする。上から見ると本当に星の形をしてて面白い。味はりんごのような、ちょっと薄味。

急いで荷造りして乗り込んだため、明日のサイパンで着る物がなく、ここで3枚1,000円のタンクトップとビーチ用の半パンを購入。
海の色に魅せられ、船に戻り早速サイパンでの体験ダイビングに申し込んだ。(ご高齢の乗客が多いため?このオプションはキャンセル待ちもなく、スムーズに申し込みができた。明日の初体験に胸がワクワクする

父島とお別れ

PM5時父島とお別れ。漁師の皆さんが沖まで見送ってくれる。
ずっとずっと手を振りながら伴走?してくれる。
あたたかい島の人たちに皆さんもデッキから手を振りお別れである。

2回目の教室も無事終了。部屋に戻り添削やら参考作品作りやら、けっこう忙しく時間が過ぎていく。

今夜のドレスコードはカジュアル
夕食は和食
<食前酒>石榴酒
<先付け>風呂吹き無花果 胡麻クリーム
<前 菜>柿釜寒干し大根白和え、新香寿司
      銀杏、梅貝旨煮、松笠慈姑
<向付け>鮪赤身、烏賊鳴門造り、お造り盛り合わせ
<蒸し物>胡麻豆腐空也蒸し
<酢の物>蟹錦糸巻酢取り茗荷、胡瓜、梅肉メレンゲ
<揚げ物>海老蓑揚げ、南瓜利休揚げ、吹き寄せ盛り蓮根煎餅、抹茶塩
<汁 物>萩真丈、清汁仕立て三つ葉
<御飯物>むかご御飯香の物
<デザート>キャンタロップメロン


この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
05.12.27 避難訓練からスタート
- 2005/12/27(Tue) -
一夜明けて27日。終日クルーズ。
夜中に、大島・新島・神津島・三宅島・御蔵島を過ぎ、AM7時頃八丈島を通過。夜中じゅう船は揺れ、どこでもすぐに眠れる私もさすがに眠りは浅かった。

飛鳥には横揺れ防止のフィン・スタビライザーというものが付いているにも拘らず、冬の太平洋上では29,000トンほどの飛鳥も静かな航海は大変なようだ。
少し船酔い気味で食欲も減退。

一日目の朝は必ず避難訓練がある。
避難訓練

AM9時 北西の風がかなり冷たい。
雲がたれこめて、海も波頭が白く大きい。船は19ノットで父島を目指す。

餅つき大会

船の中ではいろいろな教室や、映画、ピアノラウンジでのティータイムがあり、午後にはリドデッキで餅つき大会も。

教室風景1

教室初日から定員オーバーで、好スタートに一安心。

さあ、仕事も終わり10デッキのグランドスパで疲れを癒し、いよいよ夜の準備!
ドレスコードはフォーマル。
キャプテンズ・ウェルカムパーティー、フォーマル・ディナー、飛鳥プロダクションショー、ダンスタイムと24時頃まで続く。

Dinnerは
本鮪の赤身とアボカドのタルタル二種ソース
ビーフコンソメ 湯葉と筍入り
うちわ海老と平目の香味野菜蒸し ヴェルジュ風味
シャンパンシャーベット
鹿児島産牛フィレ肉のステーキ
ベビーリーフとカリカリさつま芋のサラダ
自家製フローズンヨーグルトのフルーツ飾り
コーヒー
フランス風小菓子
自家製パン


今度こそディナーの写真を全部撮るつもりで手元にデジカメを置いておくのに…お料理が運ばれるとついナイフとフォークを握ってしまう自分がそこにいた。
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
飛鳥クルーズ 出航!! 05.12.26
- 2005/12/26(Mon) -
横浜夜景

暮れの忙しいさなか…日本中まだ仕事納めにもなっていません。
そんな中ラッキーな仕事で乗ってきます。

良き夫の理解も得られ・・・んん??しかしあれは、見捨てられてるとも、見放されてるともとれる言動・・・まあとにかく家族の理解があり
「飛鳥 年末年始 小笠原・サイパンクルーズ」は12月26日から2006年1月4日の日程で22:00横浜港を出航しました。

飛鳥お正月飾り1

船に乗り込むと、メインデッキはもうお正月飾りが煌びやかに施されていて、その美しさに思わず感嘆と溜め息がこぼれます。水引で作られた鶴亀にもビックリ!やっぱり日本の伝統芸術はスゴイです。

飛鳥お正月飾り2

エレベーター前の階段や各階のフロアーもお正月気分がいっぱいです。
客室ドアにもそれぞれ水引のお飾りがあり…

客室お正月飾り

ちなみに私たちのお部屋の飾りはこんなカンジ。もっともっと立派なお飾りが付いていたお部屋はきっとロイヤルスイートやスイートルームで…
「こんなに広くていいの?!住み込んじゃえば居住権が発生するかしら?」なんてバカな独り言を呟きながら、ドアの隙間からお部屋をちょっとだけ覗き、複雑な気持ちで我が部屋へ。

こちとら~ 一息つく間もなく、いきなり明日からの仕事の打ち合わせですよ。

寄港地は父島・サイパンの2ヶ所、あとは終日クルーズ。
終日クルーズの時は当然仕事があることは承知していたが、今回は父島寄港の午後も教室がある。そして元旦には、大作のパフォーマンス。
かなりハードではないですか!?と思いつつ夜食におそばとデザートをいただいて今夜は終了。

あっという間にAM1:00 船の速度は19~20ノット。冬の太平洋はかなり揺れる。
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
良いお年を
- 2005/12/26(Mon) -
もういくつ寝ると…
今年も残すところ僅かとなってきました。
またもバタバタと過ごした一年でしたが、家族が健康で仲良く過ごすことができたことに感謝です。

今夜からしばらく仕事で出かけますが、帰ったらまた楽しい報告ができればと思っています。

こんなバタバタしてる中お正月のリースを作ってきました。
これを飾ればとりあえずお正月の準備はOKということに。

では、風邪など引かないよう、
皆様良いお年をお迎えください。
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリスマスは飲み放題!
- 2005/12/25(Sun) -
 昨日の大掃除も、諦めれば速く済み…
 
 昨夜は、また飲みました!食べました。
パスタ二種、シーフードのマリネを作り、シャンパンで乾杯。ケーキは頂き物の冨久家のケーキ。
満足満足。

まあ、飲んで飲んで
今夜もまた飲みます。
頂き物のお酒に囲まれて、夕食作り頑張りますか!
この記事のURL | 食す | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やり残している事をひとつずつ
- 2005/12/24(Sat) -
今週は仕事といくつかの忘年会で大忙しでした
一週間の間に3回はさすがに家族に申し訳なく…と言っても夕食の支度はしていったので、私が気にするほど困らなかったかも。
むしろ、せいせいしてたりして

今日は、巷がクリスマスで浮かれていても関係なく今から大掃除

まずは久々にエプロンなんぞをしてみた。
日ごろの手抜きが今、現実として私にのしかかり…さて
どこから手をつけていけばいいのか…

flower

夕方にはゆっくりパソコンの前に座れますように。。。
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。