スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サンクトペテルブルグ室内合奏団
- 2005/12/04(Sun) -
一足早くクリスマスコンサートに出かけてきました。

私にとって初体験のことがいくつかありました。
音楽のことは全く無知の私がクラッシックコンサートです!

東京オペラシティーコンサートホールで「クリスマス/アヴェ・マリア」と題して、私の数少ない知ってる曲が生演奏で聴けるということで、娘たちも即賛成!一緒に出かけることになったのです。

感動の連続でした!
まずは東京オペラシティーの美しさ…ちょうどクリスマスの時期、巨大なクリスマスツリーがお出迎え。

Xmas tree1


コンサートホールの素晴らしさ!音響設備に関しては
こちら「東京オペラシティー」を参照。

concert hall


大好きなパッヘルベルの「カノン」から始まり、ヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」
三曲目はバッハの「G線上のアリア」と続く。
ヴィヴァルディの「四季“冬”」ではヴァイオリンに釘付けでした。
アンコール3曲も含め、2時間半ほどの至福の時を過ごし豊かな気持ちで外に出ると、もう空は暗くクリスマスツリーはイルミネーションで眩しいほどでした。


Xmas tree2

スポンサーサイト
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。