スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
SAYURI
- 2005/12/17(Sat) -
 豪華絢爛。おもしろかったけれど…
“JAPAN”はロブ・マーシャル監督の目で見るとこうなのか…バリバリ日本人の私には不思議な映画でした。
日本らしい日本であって欲しかった私には「えっ、これでいいの?」と疑問が残る場面も多くありました。でも、その辺を受け入れれば入り込めます。
“水のような青い目”でも、あくまでも日本人。
中国っぽいけど、あれは京都の花街なのです。

『SAYURI』
口減らしのために置屋に売られた少女千代は、過酷な運命に翻弄されながらも芸者さゆりへと成長していく。千代の出逢った初恋の人を胸に秘め、芸者になり会長のいる世界に近づきたいと生きていくラブストーリー。
 米日中混合映画で、台詞はほとんど英語。なかにちらほら日本語がまじる不思議な映画。なぜ英語なの?吹き替えが日本語…逆がいいような気もするけど。

なんだかんだと文句をいいながらも、おもしろかったです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・演劇・DVD・TV・MUSIC | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。