スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
05.12.31 Saipan ボン・ヴォヤージ
- 2005/12/31(Sat) -
PM4:00 ボン・ヴォヤージが始まる。
サイパン ボン・ヴォヤージ

2日間楽しんだサイパンともお別れ。
出港風景を、そして歌や踊りを楽しむためにみんなリドデッキに集まり始めた。
南の島では、お別れのときに「フラワーシャワー」を上空のヘリコプターから降らせるというので、それも楽しみの一つ。

ボン・ヴォヤージ ヘリコプター

歌にダンスに盛り上がる中、いよいよクライマックス!
ヘリが遠くから近づいてくる。

フラワーシャワー

デッキを目がけてのまさしくフラワーシャワー
ハイビスカス・ブーゲンビリア・プルメリア・・・南国の花々が空から降ってくる様はスゴイ!!のひとこと。


今夜のドレスコードはカジュアル
ディナーは中華

白切鶏、クラゲ、ピリ辛胡瓜の盛り合わせ
タラバ蟹と帆立貝の蟹そぼろ餡かけ
海老のチリソース炒め
とうもろこしと玉子のスープ
鹿児島産黒豚肉の中華サラダ仕立て
五目焼きそば
マンゴープリンのフルーツ飾り
ジャスミンティー

ウェイターの人たちはみんな笑顔

珍しいことに昨夜からあまり食事がはいらない。
元旦のパフォーマンスのプレッシャーかな・・・

ウェイターの人たちはフィリピンの人。人なつっこくて皆笑顔で対応してくれる。
片言の英語と日本語が飛び交い、「ありがとう」はタガログ語で「サラマッポ」
これで明日から「サラマッポ~」の連発だ。
他にも聞いたけど・・・難しくて憶えられず。無念


食事の後は、林家鉄平さんの落語で楽しく過ごし、いよいよ船上のカウントダウンへ突入!

作品_賀
船の教室 参考作品・・賀(はがき大)
スポンサーサイト
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
05.12.31  サイパンでダイビング初体験!
- 2005/12/31(Sat) -
サイパンの夜明け
サイパンの夜が明ける。

この島は、約22.4kmの白砂のビーチが続く。
年間を通してマリンスポーツができるので、日本でも人気のリゾートアイランド・・・なるほど、いろいろな面で余裕があれば気軽に遊びに来れそう。

サイパン マニャガハ島

今日はこのマニャガハ島の近くでダイビング。ちょっと波がある。

ダイビングへGO!

初体験の人たちが10名あまり、経験者も10名ほど、小さな船に乗って沖へ出る。
船はかなり風に煽られ、凄い揺れ・・・風も強く、しっかり掴まってないと転びそうになる。
早くも船酔い気味の方が・・・大丈夫でしょうか。
私は全てが初めてのこと!こういうものだと思えば船の大揺れも楽しんでしまう。ジェットコースターに乗ってると思えばけっこう楽しめる。

ダイビング初体験!

いよいよ海に潜る時が来た!
プロのダイバーと一緒なので安心。
あとは教えてもらった呼吸がちゃんとできればOK。嬉しくてドキドキワクワクがとまらない。


海に入った瞬間から、呼吸を意識する。普段は当たり前に呼吸してるのに、こんなに難しいなんて!!!

息を吐くことを強く意識する・・・しているつもりでも吸ってばかりいるらしく・・・もう、これ以上 息も吸えない!!
どうにかして!!と叫びたい。しかし!「死んでもマウスは離さないで!」と教えられている・・・どうすればいいの!?ともがきながら
そうだ、息を吐くんだ。吐いて・・・吐いて・・・吐いて・・・ひたすら吐くことを意識する。少しずつ落ち着きを取り戻す。
息の吸いすぎで死ぬかと思った・・・


漸く正常に呼吸ができるようになったと思ったら、今度は耳が~!
耳抜きも、教えられたようにやってるつもりでもなかなかしっかり抜けない。何度も何度もやってるうちにこれもクリア!

ロープを伝ってどんどん深く。波に流されそうになりながらも、
海の底が見えてきた。水深10mちょっとらしい。
海の世界に引き込まれる。私も魚になる(ホントは泳げないが)

感動!!! 感動!!! 感動!!!

魚たちが目の前を泳いでいく。
子供の小学校の国語教科書、スイミーを思い出す(けっこうレベル低)。
さんご礁にも触れてみる。
サメもいたらしい・・・私はもう、そこにいるだけでいっぱいいっぱいで、気付かなかった。とても残念。

水面を見上げればキラキラと、いくつもの波紋が重なり合い、隣り合いガラスのように透明な光りを揺らめかせていた。
なんと美しい世界!
いつまでもここで魚と海と戯れていたい・・・
と思うと同時にダイバーは酸素の量を確認。上に戻るジェスチャー。
名残惜しいが、言うことを聞いて船に戻る。

花
  
作品_花
船の教室 参考作品・・花(はがき大)
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。