スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
06.01.03 海は大荒れ
- 2006/01/03(Tue) -
終日クルーズ とうとう残すところあと一日、明日の午後には横浜に到着です。

次第に船の揺れが激しくなっていくようです。
あまりの強風のためデッキにも出られません。
部屋を出てみれば、廊下のあちこちやエレベーター前にもエチケット袋が置いてあります。

最終日の今日も教室がありますが、こんなに揺れる中で大丈夫でしょうかと思いつつ、準備にいってクルーズスタッフに聞いてみると、
「クルーもけっこう酔い止めの薬を飲んでますよ。私も飲みました。この揺れはかなりひどくて、過去の飛鳥クルーズの三本の指に入るくらいスゴイ揺れですね。」とのこと。
実際ダウンしてる方が多く、参加者もいつもより少なめでした。
こんな中でも元気な方はいらっしゃいました。強靭です。

私は薬を飲むほどではないけれど・・・結局、食欲は出ないままです。
夏のクルーズの時は、2kg増でしたが、今回はむしろ減ってるようです。意外なところでダイエットです。

いよいよ最後の夜です。
ドレスコードはフォーマル。
キャプテンズ・フェアウェル・パーティー
フォーマルディナー
今陽子さんのコンサートと続きます。
せっかくの最後の夜ですが、イマイチ気分が盛り上がりません。

船は揺れ続け、今陽子さんのコンサートでは、楽器を固定させていたにもかかわらず、コンガが倒れるハプニング!

この揺れを表現するとすれば・・・
ジェットコースターに乗って頂点から落ちる 
あの「ふわっと 魂が置き去りにされるような 瞬間」
あのカンジがず~~~っと続いているのです。
キャプテンの話によると到着まで続くらしいです。
船もなかなか前に進めず四苦八苦のようです。


スポンサーサイト
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。