スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カクテル
- 2006/04/11(Tue) -
毎月 勉強している月刊「書燈」という書道雑誌があるのですが…
とてもいい本ですが、今日は(も?)勉強の話ではありません。
書道雑誌「書燈」
    (不二出版刊)

その「書燈」に載った随想を読んで思い出しました。
この随想もいいですネエ。カクテルについての話でした。

「書燈」随想


我が家も何年か前に、カクテルにはまった時期があったのを思い出しました。
シェイカーを振ってみたくて…道具を買い揃え、カクテルの本を買い、
使いそうなお酒をあれこれ買い揃えました。(未だに未開封のお酒もありますが)

カクテル

私はラム酒ベースとウォッカベースのカクテルが好きで、
その頃はブルーのカクテルがお気に入りで…想像と妄想の中で出来た詩と作品がこれ↓

作品_惑わすブルー


窓枠の額縁に 夜空を嵌め込む

キャンドルを映すグラスには
青く揺らめくスカイダイビング

灯の消えない都会の夜
揺らめくブルーに心惑わす


(今 読み返してみると…な~に言ってんだか…ってカンジです)
ちなみに色の心理学から見ると
青は
血圧、脈拍数が下がる。呼吸数が減少する。
筋肉緊張が減少する。
自律神経系統を鈍らせる。
性ホルモンの分泌を抑制する。
動物実験では空腹感が阻止される

参考資料:視覚デザイン研究所 編 「色の本棚3」

と言うことらしく
揺らめくブルーには心は惑わされないということ
なんとも経験不足で妄想の中で作ったものは説得力に欠けるということですね。

大きい写真はHP「書をたのしむ」のぎゃらりーにあります。


スポンサーサイト
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。