スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
UKAI河口湖オルゴールの森
- 2006/05/14(Sun) -
河口湖オルゴールの森へ行ってきました。
河口湖オルゴールの森1

中庭カリヨン広場の「からくり人形と噴水」が曲と共に出迎えてくれます。

河口湖オルゴールの森2

庭も手入れが行き届き、併設のローズガーデンも綺麗でした。ヨーロッパの王侯貴族が愛したオールドローズなど約500種類、1500株ほどあるそうです。
薔薇に囲まれた美しい(バラが?私が?)写真も撮ってきました

河口湖オルゴールの森3

世界最大規模のダンスオルガンの迫力は見事なものでした。建物全体が音楽を奏でるのです。
からくり人形もみんな楽器を持って演奏するのです。このダンスオルガンの裏側には入れませんが、もう少し小さいものもあり裏側にまわって実際に演奏している様子も見ることができます。

河口湖オルゴールの森5

この裏手にまわると、穴の開いた楽譜が自動的に送られ演奏しています。スゴイです。見る価値十分にありますよ!
河口湖オルゴールの森6


こちらはあの!タイタニック号に乗せる予定だったオーケストリオン。自動演奏楽器です。実際に聞くことができ感激です。
河口湖オルゴールの森4


また、チェコの演奏家による弦楽四重奏も間近で楽しむことができるのです。
お食事もあのうかい亭の「特製ローストビーフ」のランチが楽しめます。

河口湖オルゴールの森7

入場券とランチのセット券がお得です。
おすすめスポットです。

この記事のURL | 行楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
LIMIT OF LOVE 海猿
- 2006/05/13(Sat) -
久々の映画!!

見てきました! LIMIT OF LOVE 海猿

最初の「海猿」もTV版も見ていませんが、この映画はとっても良かったです!!!

機動救難隊員として海難救助の最前線で働いているこの隊員の仕事の危険と大変さと、最後まで希望を捨てず極限まで、人を助けようとする姿には感動感動です!
あらためて人の生死にたずさわる海上保安官の仕事の凄さを感じました。

潜水士として、男として、人間として“極限”を超えた状態のなかで、環菜に告げる愛の言葉は胸にグッときました。
仙崎大輔がほんとカッコイイ!

いろんな形の愛にあふれた映画です。是非また見に行きたい映画です!

盛り上がった話に水をさすようですが…
残された二人を助けるためには、30mの潜水をしなければならず…潜った瞬間私も息を止めてみましたがギリギリ1分くらいだったかも。
私がそこにいたら…生きては帰れませんでした。。。
この記事のURL | 映画・演劇・DVD・TV・MUSIC | CM(2) | TB(0) | ▲ top
モンスター DVD
- 2006/05/12(Fri) -
久久に映画観ました。
これがあの美しいシャーリーズ・セロン???と思う変貌ぶり。10㌔以上も体重を増やし、眉毛をなくし、付け歯までしてさすが女優です。
しかし、あの美しいシャーリーズ・セロンが?!とかいう興味だけで観るような軽いものではありませんでした。

肉親の暴力に耐えた不幸な環境の少女時代の記憶が根底にあり、
ヒッチハイクをしながら男に身体を売る生活に疲れ果て、自殺を覚悟したアイリーン・ウォーノス。
有り金すべて…5ドルを使い果たそうと飛び込んだバーで、同性愛の治療を強制されフロリダにやってきたセルビーに出会う。
彼女もまた自分と同じように社会からの疎外感を抱いて生きていた。

初めて自分を偏見なく受け入れてくれる人に出会ったと感じたアイリーン。
「どこかで2人で暮らそう」と話しあうが…。
娼婦として生きてきたアイリーンが更正して生きていこうとしたけれど社会に受け入れられずにまた夜の道に立たざるを得ない。
再び娼婦の道に転落し、次第に常軌を逸していく。
実際にアメリカでおきた女性連続殺人犯の話…もっと内面に踏み込んだ心理描写の部分が観たかった。
この記事のURL | 映画・演劇・DVD・TV・MUSIC | CM(0) | TB(0) | ▲ top
京都・福寿園の伊右衛門てぬぐい
- 2006/05/11(Thu) -
今、ペットボトルのお茶「伊右衛門」を買うと!もれなくオリジナル手ぬぐいがついてくる!
集めるつもりはなかったけれど…1枚が2枚と増えていくと…心理的に集めたくなるのが不思議。

種類は全部で6種類。そんなことを言われれば全種類集めたくなるのがこれまた単純な私の心理。

欲しい手ぬぐいが一番前に並んでなければ、奥から取り出すという行動まで…集まりました!!

伊右衛門手ぬぐい

普通の手ぬぐいより小さめだけど、きれいでかわいくて収集欲は一応満足!!
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダ・ヴィンチ・コード
- 2006/05/10(Wed) -
GW明けからお天気がすぐれず…まさしく晴耕雨読の日々。

忙しくもあったのですが、あまり面白そうな映画もなく、だいぶ足が遠のいていましたが…中旬過ぎにはまた面白そうな映画がたくさん封切のようで楽しみです。

トム・ハンクスとジャン・レノが来日でかなり話題のダ・ヴィンチ・コード

ダヴィンチコード

この配役を頭に浮かべながら、まずは「ダ・ヴィンチ・コード」読了!
かなり面白い!
この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(2) | TB(0) | ▲ top
- 2006/05/09(Tue) -
blogの更新は私のストレス解消でもあり、ストレスでもある。

本来はHPの「書をたのしむ」がメインであるが、その中の「ぎゃらりー」も変わり映えがしない…当然HPの更新ができず。。。ストレス。
そしてこちらのblog「備忘録的日記」に逃げ込むのが常なのだ。
blogは楽々気分で更新。。。ストレス解消。
ボケ防止になっているのかどうかは…周囲の知るところだが。

BUTしかし!
毎日展の作品も(出来は別として、おいといて)書き終わったことだし…
古典臨書に励もうと思う。そして「ぎゃらりー」の更新も。

春って新学期のせいもあって、否が応でもそんな気持ちにさせてくれる…こんな私でも。
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
メキシコ帰りのホセ
- 2006/05/07(Sun) -
 4月の末に夫がメキシコ出張から帰ってきた。
何やら出張前と少し様子が違う…よく見ると左腕には、キラリと銀のブレスレットが光っている!
おもむろに片足を椅子に乗せ(裕次郎スタイルがカッコイイと思っている世代?)、イヤでもブレスレットが見えるように左腕を突き出し、

開口一番「今日からオレをホセと呼んでくれ!」とスペイン語らしき真似事もまじえながら、ふざけたことを言いだした。
 メキシコは銀の産地らしく、凝った彫りのブレスレットを記念に買ってきたらしい。

何につけても日本の製品は素晴らしく優秀だと思っているが、このメキシコ土産を見てその思いを再確認した。
「ちょっと私にもブレスレットさせてみて。」の言葉に応えて夫が左腕からはずそうと試みた。
が、しかし!! 外れない!!
結構な値段だったらしいが、夫はお粗末な出来にガックリ。他にも皮のベルトを買ってきたが、既にバックルのメッキが少し剥がれている。

あれからずっと夫の左腕には銀のブレスレットが光っている…
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東芝EMI「ベストクラッシック100」
- 2006/05/05(Fri) -
連休は家の片付けと庭仕事に終始。

昨日車のタイヤを替えたので、ドライブに行こうと誘っておきながら見事にすっぽかされ…
こういうイライラが募ったときは!
クラッシクで心を静めるのが一番。
ちょっと前に話題になった東芝EMIの「ベストクラッシック100」
これは素晴らしい。
どんなイライラも解消されます。

5月の庭1

そして5月の花々に癒される、どこにも行かない連休なのでした。
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
休日3日の時間割は
- 2006/05/03(Wed) -
青葉が眩しい季節です。
早苗を植える田植えの月ということで早苗月(サツキ)が、早月(サツキ)、皐月(サツキ)となりました。
先日は28度という夏日!と思えば昨日は肌寒い一日
気温の変化についていけない…なんていうほど敏感でもないか

5月連休 前半はお天気にも恵まれるらしく…今日も朝から気持ちが良い青空です。
一日くらいは小鳥の囀りや緑を楽しみたいと思っているのですが…

家族はみんな暴睡してますが、お休みこそ早起きしたい私は、6時起床
朝食の支度やお洗濯は後まわし。
起きていきなり篆刻。雅印を彫ったり、雅印のはかまを作ったり…はかまは雅印の保護用キャップです。1時間目終了。

篆刻


休憩のあと2時間目は7時から庭の草むしり
黙々と草をむしり、ゲッミミズに遭遇のため一旦打ち切り。

はや8時半!誰も起きる気配がない
この後の時間割は未定。

結局 この日は庭仕事で終わり
明日は少し花を買ってこよう。

この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
マジシャンの爪はピッカピカ
- 2006/05/02(Tue) -
Mr.マリックを筆頭に最近のマジシャンの爪は見事にピッカピカですよね。
感心するところが少しズレてますが…
TVを見るたびに「どうしてマニキュアもつけてないのに、あんなにピッカピカ??」と不思議に思っていました。

そして美容院に行って解明。
ずぼらな私はマニキュアも滅多に塗らず、この日も指先にはマニキュアではなく墨が入り込んだまま…
美容師さんが見かねたのか、合間にやってくれたサービスの「爪磨き」。。。
これがビックリするほどピッカピカになるのです。
まるでニスを塗ったようです!
「ああ!これこそマリックの爪!!」と思わず買ってしまったアイテムが
これ↓
美容院で爪みがき

早い話がサンドペーパーのようなもので…5段階くらい磨いていくのです。
それも面倒だと言ってしまえばおしまいですが、一度磨くと1週間から10日くらいは光っています。
マニキュアが面倒なひとにおすすめです。
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。