スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「眉山」 さだまさし著
- 2006/06/03(Sat) -
以前さだまさしさんの「解夏(げげ)」を読みました。
電車の中で涙をこらえられなかったのを思い出しました。

眉山



この「眉山」も一気に読んでしまいました。
文字も大きく行間もあいていて、ハードカバーではありますが、これって短編なのかな…400字詰原稿用紙320枚分。ってそんなに多い分量ではありません(書けもしないのに偉そうに!)。

東京で働く咲子は、故郷の徳島で母の龍子が末期癌であることを知らされる。
「神田のお龍」として多くの人に慕われてきた母の側で看病するうちに、母のいろんな想いを知っていく。
母を慕う人々との事、まだ逢った事のない父のこと、「献体」という耳慣れない言葉と、母の「献体」への思い。
そして何よりも毅然として誇りをもって生き、娘の自分を育ててきたこと…苦しく切ないけれども胸を張って愛し育ててきてくれたことに気付いた時涙が止まらなくなるのです。

ラストシーンに出てくる「阿波踊りの12日」の日は、お龍さんの心の中では決して忘れられない日だったのではないかと思うのです。
34年前のこの日に約束をしていたのではないかと思うのです。
大切な人と別れを決意し、一人で子供を育てると決めたその日その場所で、生まれ来る子供がそのときのお龍さんと同じ年齢になったら、一番大切な人と逢おうと決めていたのではないかと思うのです。

お龍さんは、ほんとに強い女性です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。