スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「若冲と江戸絵画展」 プライスコレクション
- 2006/07/09(Sun) -
「若冲と江戸絵画」展 プライスコレクション に行ってきました。
国立博物館

上野公園の噴水の先に見える国立博物館はいつ訪れても堂々としていて風格があります。夏に向かう今は木々がうっそうとしてあまり良く見えませんが。

若冲と江戸絵画展

再び若冲と応挙の絵を見ることができました。
私の知っている江戸琳派の画家はこのふたり。
丸山応挙(まるやまおうきょ)と伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)のみでしたが、長沢芦雪 (ながさわろせつ)、森狙仙(もりそせん)を中心とした上方の画家や、酒井抱一(さかいほういつ)、鈴木其一(すずききいつ)などの江戸琳派の画家たちを知ることが出来幸運でした。
鈴木其一(すずききいつ)…またひとり好きな画家が増えました。

それぞれみんな、観察眼も勿論ですが筆致も素晴らしいものでした。
いつもの展覧会と違ったのは、光の効果に工夫を凝らして鑑賞することができたこと。
「江戸時代にガラスケースはなかった」というプライス氏の鑑賞態度によるものらしいです。朝日の中や夕日の中での色の変化が興味深かったですね。
伊藤若冲


こんな素晴らしいblogを見つけました。
「若冲と江戸絵画」展
この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
毎日書道展
- 2006/07/05(Wed) -
毎日展はがき

もうすぐ東京都美術館で毎日書道展が始まります。

前期展は、7月8日(土)~11日(火)「仮名・近代詩文書・刻字」
後期展は、7月13日(木)~17日(月)「漢字・大字書・篆刻・前衛書」

毎日書道展が始まると暑い夏がやってくる!といつも思います。
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
蓮の花
- 2006/07/04(Tue) -
蓮の花


蓮の花の季節になりました。
極楽浄土の象徴として神聖な花とされています。
インド・中国から渡来した植物ですが、1951年に千葉で発見された約2000年前の種から咲いた「大賀ハス」(発見者の大賀博士から命名)から、日本でも古くから自生していたとする説もあります。

上野公園や鎌倉鶴岡八幡宮ではよく眺めていましたが、昨年初めて間近で大賀蓮を見ることができて非常に感激したのを思い出します。この時蓮の花の美しさに魅せられたのでした。

作品_紅蓮(ぐれん)

横浜詩人会に所属していらっしゃる小林妙子さんの詩で、私のとても好きな詩です。
この記事のURL | | CM(5) | TB(0) | ▲ top
大和市ゴミの有料化
- 2006/07/02(Sun) -
神奈川県大和市では、7月からゴミの有料化が実施される。

もちろん、従来からの資源回収はあるけれど、これからはそれに加えて、プラごみと紙ごみを回収することになったのだ。
そしてそれ以外の燃えるごみ・燃えないごみは指定のゴミ袋を買うことになった。

指定ゴミ袋


今まで平気でポンポン気軽に捨てていたゴミだけれど…
自然と捨てる前に「ちょっと待って」とプラマークと紙マークを捜している。
ゴミも減り、自然を守り地球を守ることにもつながっていく。。。

そこで、家族にもゴミ分別の意識を持ってもらおうと、こんなポスターを作ってキッチンの目立つところやゴミ箱の近くに貼ってみた。

リサイクルポスター


ペットポスター


ココ2~3日の様子は上々!
こうして気付いたことは、今まで出していたゴミの殆どが、生ゴミのほかはプラごみ(資源)だった。
過剰包装ではブッチギリの日本ではないかなと思うほど。
もっと簡素化してもいいような。

我が家のゴミは今までの半分に減った。
しかし、分別の種類が増えると、その分別ごみの居場所も増え、狭い家の中でゴミ様様の雰囲気

この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
七夕月は愛逢月
- 2006/07/01(Sat) -
作品_愛逢月


7月になりました。
一般的には文月ですが、七夕月とも愛逢月とも。

「愛逢月」(めであいづき)

七夕月は愛逢月
偶然の出逢いは必然の出逢いなのだから
だいじだいじに育みます
めぐりあいに感謝して


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。