スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
YOKOHAMA逍遥
- 2006/08/06(Sun) -
昨日は思いがけず、森山良子さんのコンサートに行く機会を得ました。
若い頃から知っているのにコンサートは初めて!
大人のコンサートってカンジでしたよ。
とっても楽しくて…清澄な歌声が心に沁みて。
3月にNEWアルバム「Tears~森山良子韓流アルバム~」を出したと言うことで、聞き覚えのある主題歌も聞けたりして。

<さとうきび畑>も<涙そうそう>も何度聞いてもジィ~ンときます。

後半のステージでは、ギター、ピアノの音もジックリ聞かせ、コンサートでしか歌わないという「子犬のワルツ」と「30年を2時間半で」をたっぷり聞かせてもらい本当に楽しいひとときでした。

コンサート会場を出ると、目の前は山下公園。
夜の公園は氷川丸や大桟橋がライトアップされ、こちらも思いがけず美しい夜景を見ることができました。

おまけに大桟橋から「ボ~!ボ~~」と聞こえてくるではありませんか!
どうやら出航のようです。
この船は総トン数 23,235トン 全長 167m 全幅 24m 乗客定員 600名
という大きさの「ふじ丸」でした。

ついでに「横浜港に入港する客船情報」をリンクします。
実際の旅のお役に立つかどうかは分りませんが、この大きな船を見ながら、想像の中では「世界一周」も叶います。
こちらは実際に行って来たお話「世界一周フォトエッセイ」をUPしている「飛鳥Ⅱ」もリンクしておきます。
お仕事で「飛鳥」に乗った時以来ファンになったダンサーも時折写っていて・・・

お時間のあるときにどうぞ。
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夏の研究会間近!
- 2006/08/02(Wed) -
夏研間近

昨日は朝から筆、紙、墨と格闘?。
8月の26・27日は毎年恒例の夏季研究会。
師匠船本芳雲先生率いる文珠会の研究会はとても有意義な研鑽と発表の場。
皆さんが一年間の年間課題と決めた古典臨書の全臨を発表する場でもあり・・・怠け者の私は毎年今時になると非常に焦りながら、いきなりの仕上げにはいる。
夏研_年間課題

今年、私の選んだ課題は「楊淮表紀」(ようわいひょうき)
3×8尺(90×240㎝)の紙に30㎝ほどの文字をならべていく・・・
自由でのびのびした直線的なこの隷書が自分の作品に活かせたらと思いながら書き進めていく。
作品_星降る

琴座のヴェガ 鷲座のアルタイル
翼を広げたデネヴに抱かれ
宙を旅する


途中、気分転換に一枚書きだが、倣書してみる。。。んんん・・・

当日会場では、今年の『月』をテーマにした自作詩で6×8尺の紙に作品制作・・・んんん・・・詩もできていない

この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
壮!
- 2006/08/01(Tue) -
壮

月日の経つのは早いものですね。もう、8月です!
近所の公園でようやく蝉の声を聞くようになり、元気な夏がやってきた感じがします。

8月は「壮」。

8月の異称「葉月」の呼び名はよく聞きますが、他にも「稲葉月・秋風月・雁来月・木染月・中秋」など旧暦の8月らしい呼び名のほかに、「壮月」というのがあるそうです。

「壮」のつく言葉を辞書で引いてみると、
壮観・壮大・壮快・壮麗などなど
気持ちが大きくなり元気が出るような気がしてきます。

ジリジリした太陽の活力溢れるイメージを感じます。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。