スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
8月21日 合宿2日目
- 2006/08/25(Fri) -
坐禅1

早起きした二日目は、坐禅からスタート!
まずは、前を向いて坐禅の仕方の説明を受け、トライしてみました。
なかなか形になっているような。
結跏趺坐(けっかふざ)・・・丸い座布団のことをなんと言ったか・・・その上に浅く腰掛けます。右の足を持って左足のももに載せます。次に左足を右のももに乗せ、膝を畳につけるようにします。
法界定印(ほっかいじょういん)・・・右手を足の上に置きその上に左手を第二関節のところで重ね、親指をつけまるをつくります。
姿勢を正し、あごを引いて、視線は約1mほど先を見ます。これが半眼の仏像の視線と同じ形になります。
これができたらいよいよ!
坐禅2

体験としてほんの10分程度ですが、壁に向かい坐禅を始めます。
雑念や妄想を払い、視線は特定のものを凝視せず、ただひたすらに坐禅をします。
これが只管打坐(しかんだざ)です。
ひたすら(只管)と言う言葉はここからきているのですね。
法界定印がくずれてきたり、身体が揺れてきたりすると方丈様が警策(きょうさく)で肩に軽く触れます。合掌して頭を軽く左に傾け、警策を受けたら合掌して頭を下げ感謝の意を表しますが、今回はこれは受けませんでした。
前に向き、足を解き立ち上がって座布団の形を整え、左右、お向かいにお辞儀をして終了です。
朝のお勤めのときに昨日書いた「般若心経」を奉納しお焚き上げをしていただきます。
有り難い経験をさせていただきました。

昨日に引き続き、修行のように古典臨書にむかい、合間には共同制作の一枚を仕上げました。


明珠在掌(みょうじゅたなごころにあり)と読みます。
宝は既にあなたの手の中にあるのですよ。。。という意味です。
8人で四文字を仕上げるという作業は、他のメンバーの足を引っ張らないようにといつも以上に真剣に練習をし、またチームワーク作りにも良かったようです。ここでまたいくつもの宝を手にした感じです。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月20日合宿1日目
- 2006/08/25(Fri) -
今回もかなりハードなスケジュールです。
まずは写経にチャレンジ!

写経

「般若心経」。一時間ほど皆黙々と書きましたよ。
全員が終わらなければ終了できず、次のことにも進めない・・・疲れているけどみんな必死です。
この時は、書き上げた達成感よりもエネルギーを使い果たし疲労感がどっと押し寄せていたようでした。

昼食は例によって白河の手打ちラーメン!

去年とはまた違うところへ!さすがオススメがあちこちにってカンジです。やっぱり混んでます。
白河の朝日屋食堂
men1.jpg

女性スタッフだけのお店で、味はまろやか~。
「アンタンワンタンスキ?ワタシアンタンスキヨ~!」古いCMを思い出しながらオススメはワンタン!本当に美味しい!!

白河麺ロードマップを見れば「ん~~まだまだたくさんありますねえ。」

美味しいラーメンのあとは、みっちりと古典臨書にとりかかります。
普段の教室とはまた趣が変わるせいか、みんな真面目です。
おしゃべりもせず、また黙々と書き続けるのでした。
・・・普段もまあ真面目にやってるのですが、みんなの後姿からオーラが出てる・・・書燈社の研究会でも感じることですが、ああいう空気の中で書いてると本当に一枚ずつ上手くなっていくのがわかります。すごい成果です。
練習風景

夕食は方丈様と一緒に和やかに賑やかに話もお酒も尽きないひとときでした。
布団作務 開枕(かいちん) 就寝のことだそうです。
去年はいたずらが過ぎて、金縛りにあいましたが・・・今年はバッチリ!おとなしくしてましたのでみんな朝までグッスリ!
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ブリティッシュヒルズin福島
- 2006/08/25(Fri) -
8月20日 日曜日 6時出発。10時前には白河に到着。
今年もやって来ました。
関川寺というお寺さんを借りて2泊3日の2回目の夏季合宿IN白河。
到着早々デジカメを忘れるというドジな私・・・スタートの寝坊がいけなかったぁ・・・いきなり反省!
蓮2

今年は時期が良かったのか蓮の花がたくさん咲いていました。
蓮1

今回は初日に観光もちょっと入れてみました。
ブリティッシュヒルズという英語研修施設はハリーポッターを思い起こさせるところでした。
ブリティッシュヒルズ

ブリティッシュヒルズ2

こちらは宿泊施設にもなるいろいろな時代のイギリスの建築様式が見られる建造物。日本では見られないようなお花もあったりして・・・英語が話せたらもっともっと楽しく印象に残ったかも。
集合~!

デジカメもない!英語も話せない!でちょっとおとなしかった私でした。
この記事のURL | 行楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。