スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
箱根研修旅日記 二日目その3
- 2007/08/31(Fri) -
成川美術館をあとにして
変わりやすい山の天気のせいで箱根登山バスB路線を行ったり来たり・・・
またも予定変更で箱根小涌園でランチバイキング。
箱根19
バスを待つ間に、きっとここの名物ガイドさんに違いないと思われるガイドさんと仲良くなり、地元の小学生は学校帰りで、みんな一緒にバスを待つ間に話が弾む。。。記念にこの旅の幹事さんが代表でパチリ!

晴れ女集団の執念は凄く、雨が小降りになったので再び元箱根港から海賊船に乗ることに。
箱根20
霧が立ち込める中から次第に姿を現す海賊船
箱根21
我々が乗り込むと再び雨は激しくなり・・・海賊船の演出かと思っていた雷は凄さを増して、とうとう桃源台港に下り立つこともできず、ロープウェイも制覇できず、そのまま折り返し。。。向かい側に停泊する新しい海賊船ビクトリー号に乗り換え箱根町港に到着。今度は箱根登山バスC路線を使い箱根湯本へ。楽しい思い出とお土産を持ってロマンスカーに乗り込み無事帰宅の途につきました。お疲れ様でした。

スポンサーサイト
この記事のURL | 行楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
箱根研修旅日記 二日目その2 成川美術館
- 2007/08/31(Fri) -
成川美術館は開館20周年特別企画として牛尾武が描く「空海の空と海」をやっていました。
ushiotakeshi

牛尾武HPは←ココをクリック。
牛尾武代表作のページに作品が載っているので是非是非!!ココもクリック。

書を通して空海のことを僅かながらも見聞きしている私達には大変興味深いものでした。
空海の生い立ちから、青年期や仏道修行の場となった各地や遣唐使として船に乗った日などを資料とともに思い起こし、想像しながらの鑑賞はまた印象深いものでした。
とりわけ私が心を奪われた作品は『室戸旭日』
ushiotakeshi_murotokyokujitsu
四曲一双 200×800

壁いっぱいに広がる室戸岬の旭日は・・・
空海が18歳で大学に入るも途中で大学を中退し、自ら仏道修行に明け暮れた遥か遠い日々を想像させます。

空海求法(ぐほう)への道
空海は仏道修行中に、一沙門(しゃもん)より「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」というのを示され、この授けられた修法を実修するために阿波の大滝岳、土佐の室戸岬、石鎚山など四国の山岳修験の聖地で修行・鍛錬したと空海が若い時に記した『聾瞽指帰(ろうこしいき)』にあります。
ちなみにこの「求聞持法」というのは、一度聞いたり見たりしたことは決して忘れないという能力を持つもので、ある儀式に従って菩薩の真言を百万回唱えることだと言います。
室戸岬に御厨人(みくろど)窟と呼ばれる岩穴があり、空海はここで真言を百万回唱えたと伝えられています。
「ナウボウアキャシャギャラバヤオンアリキャマリボリ ソワカ・・・」?????(「カンジーザイ・・・・・・ボージー ソワカー・・・」なら聞き覚えがありますよね。)・・・これを百万回・・・凡人には想像もつかないことですが・・・おそらくこうした修行の後、空海は「明星来影ス」と『御遺告(ごゆいごう)』にあるように、空海の口の中に明星が入り込んだというのです。


この空海を空海たらしめる体験を、時空を超えて鑑賞者にも僅かながら傍観させてもらえたような気がしたのでした。


この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
箱根研修旅日記 二日目その1
- 2007/08/31(Fri) -
8月29日
朝から雨が降っています。みんな晴れ女って言ってたのに、出かける頃は土砂降りで・・・本来ならケーブルカー・ロープウェイを乗り継いで、芦ノ湖海賊船で元箱根港の予定でしたが変更せざるを得ません。

箱根マップ

9:30ホテルの送迎バスに乗って強羅へ。
強羅から小涌谷まで箱根登山電車。
箱根登山バスに乗り継いで元箱根港までの山道を下りますが、女心と山の天気は変わりやすく(?)・・・
目の前が見えないほどの霧に包まれて出発したバスは下っていくほどに視界がハッキリしてきて晴れ女集団の効力発揮です。
元箱根到着~。
箱根_12
一の鳥居をくぐって成川美術館前で証拠写真をパチリ!
箱根_13

大きな大きな樹齢3000年といわれる「大王杉」を見上げながらエスカレーターを使って上へ上へ。
箱根_14
さっき見上げていた大王杉のてっぺんから
遥か向こうに霧の晴れていく様子がわかります。それにしても大王杉の大きさといったら物凄いです・・・木の神様ですね。
成川美術館はまだ新しく木の香りがする綺麗な美術館。現代日本画4000点余を所蔵する国内屈指の美術館とか。
箱根_16

箱根_17
美術館の方にに許しを得て、日本画に使用される岩絵の具や道具を撮らせてもらいました。それぞれに素敵な色の名前がついています。
箱根_18
岩絵の具の原料となる原石は初めて目にするもので、とても美しいものでした。

鑑賞の合い間に大展望ラウンジから見る風景は、四季折々の美しさをまるで一枚の絵のように見せてくれるでしょう。
箱根_15
今回は雨にけむる芦ノ湖の風景です。
この記事のURL | 行楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。