スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
1月2日 終日航海
- 2008/01/02(Wed) -
仕事もほぼ終わりに近づき、今日の教室が終われば全て終了です。
精神的にも楽になり、少しお正月気分を楽しみたいと思います。
5デッキのメインデッキでは獅子舞の披露です。
獅子舞
昔、子供の頃お正月になるとお獅子が各家庭をまわって来ていたことを思い出したりして・・・母が獅子の口にご祝儀を入れてあげると子供達の頭を<カフ、カフ>と噛んでくれましたっけ。

ギャラクシーラウンジではお正月恒例の十二単のデモンストレーションです。
十二単_1
着付けをする方も格があるそうで、前で着付けをする人の方が格下だそうです。それは、姫に自分の息をかけてはいけないので膝を立てることができないからだそうです。。。そういえばTVでも見ますが、何かをお運びする時に両手で持ち、息がかからないように顔より上に上げていますよね。

一枚着た上に更に一枚と・・・重ねて着ていく事15分ほど?
十二単は、女官・女房の正装で下から、白小袖・紅袴・単衣・五衣・表衣・内掛け・唐衣を着て、腰に裳を着付けます。
見せていただいたのは白小袖・紅袴を着けた状態からスタート。
五衣(いつつぎぬ)の重ね着のところから。一枚目の袖が一番長く、色を重ねるごとに袖が少しずつ短くなります。色の美しさは勿論ですが、実用面で汚れ防止・・・お洗濯の省力化という意味もあるらしいですね。
一枚着ると紐は抜いて次の着物を着る時にまた使います。最終的には紐は一本だけなのです。
織り柄も全て同じものに統一されているそうです。今回の模様は梅の花でした。
総重量は・・・忘れましたがかなり重いらしくモデルになったクルーのお嬢さんがフラフラしてました。総額は・・・五百万を超えるらしいですよ

十二単_2
さて、昔も今も 庶民も姫も 自然現象は平等に・・・お手洗いはどうするのということですが・・・
その前に、裳とは正装用に腰から下の後方に着ける衣服で裾が扇状に開いています。コレは髪の汚れから着物を保護するためだとか。
「裳抜けの殻」という言葉をよく聞きますが、ここからきているのです。
身に着けていた五衣から裳までを一気に脱いでしまいます。。。何せ紐一本だけで着付けしてますから!
これでお手洗いも「まにあわな~い」と泣くこともありません。ホッ
見事な早業です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。