スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今年の夏も終りだねェ
- 2008/08/25(Mon) -
八月がもう・・・終わろうとしています。
ここ2,3日は厳しい残暑も通り過ぎた感じがします。
今年はオリンピックに心奪われ気持ちもヒートアップ。熱くて暑い夏でしたね!

08_夏季研究会
毎年恒例の社中の「夏季研究会」も無事終えることが出来て・・・今年はとても涼しく筆もすすんだようでした。初めての人は、箒のような筆に振り回されながらも・・・日頃の鬱憤をはらしているのか「すっごく楽しい~~」と書きまくっていました。正座で半紙の世界からかけ離れ、もうこれはスポーツです。翌日あるいは二日目にはみんな太ももパンパンに張って筋肉痛です。古典臨書も皆さんクリアして、また書の幅が広がることでしょうね。達成感が少しずつ自信につながる年間課題でした。

「ああ、今年の夏も終りだねェ」とシミジミ・・・ほんの束の間ホッとして。
気を引き締めて!これから来年のお正月に向けて、『書燈社新春展』併催四人展の作品制作です。。。予定なら八割がた出来ているところなんですが・・・・・・・春から書き始めているにも関わらず、なかなかです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
毎日、毎日オリンピック漬け!
- 2008/08/17(Sun) -
このお盆休みにやらなければいけないことは山ほどありますが・・・何せ4年に一度のオリンピックです。見ないわけにはいきません!
感動的な開会式から始まり(長すぎて翌日競技のあった選手は疲れたのでは?)・・・北島の金メダルで感激、感動の涙。
メダルをとった選手達のコメントに頷きながら、また涙涙・・・です。
今日は女子マラソンですね。野口が欠場になったのは非常に残念ですが、土佐・中村に頑張って欲しいですね。

ところでオリンピックのシンボルマーク。TVや新聞で目にするたびに「これって、トンパ文字に似てる」と思っていたので調べてみました。
まずは、以前友人からお土産に頂いたトンパ文字字典
トンパ文字字典
こんなカンジ・・・中身はかなり楽しい表現がいっぱい!
この象形文字の一種であるトンパ文字をアレンジしたのかなと思ったのですが、甲骨文字や金文などをアレンジしたのだそうです。まあ、甲骨文字にも似てますが。
北京オリンピック_マーク
絵文字にも見えるトンパ文字に近い気がするのですが。

ちょっと引用↓(詳しくは下記のリンクを参照に)
北京オリンピック諸競技のシンボルマークは、篆書の字形を基本とし、甲骨文、金文などの字形の趣とモダンな図案の簡潔さをも融合させたもので、識別しやすく、覚えやすく、使いやすいなどの要求を満たしている。黒い図案と白い背景が、鮮明なコントラストを成し、スポーツの鮮明な特徴、優雅な美及び豊かな文化の意味をあらわにしており、「形」と「意」の完璧な調和と統一が表現されている。
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鑑賞その2・・・前田真三写真展
- 2008/08/06(Wed) -
渋谷東急本店で開催中の没後10年企画「前田真三写真展」にも行ってきました。
大好きです。前田真三さんの写真・・・表現したいことがズバッと伝わってくるんです。

前田真三氏の写真は昔から馴染みが深く・・・というのも書学雑誌「書燈」の表紙を何十年も飾っていたのでした。
現在は前田晃氏の写真が表紙を飾っています。

2007『書燈』前田晃氏写真
『書燈』で勉強していらっしゃる方々は・・・この表紙も毎月の楽しみの一つではないかと思っています。
この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鑑賞その1 江戸東京博物館
- 2008/08/06(Wed) -
今日は教室の方と見る勉強会ということで、江戸東京博物館「書の名宝展」に出かけてきました。
普段練習しているものを間近に見ることができるチャンスです。
今回は王羲之の「蘭亭序」が日本初公開ということもあり、とても楽しみにしていました。

これが蘭亭序だ!_1

これが

 唐の第二代皇帝・太宗皇帝は、王羲之の書をこよなく愛し、ことごとくその書を収集したそうです。その愛着の想いを断ち切れず自らの墳墓「昭陵」(しょうりょう)に、王羲之の書を一緒に埋葬してしまったため、真跡が現存せず、臨書されたものからその筆跡をたどるしかありません。
真蹟はありませんが「蘭亭序 八柱第三本」が最も王羲之の書に近いと言われているそうです。
何度書いても難しくて楽しい「蘭亭序」・・・墨色もくっきり、筆先の流れも細かいところまでハッキリみることができました!次の臨書で活かせることを願ってしっかり目に焼き付けてきました~。
 もうひとつ、宋の時代の黄庭堅「草書諸上座帖巻」も素晴らしかったです。
 
この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宿題に追われて
- 2008/08/05(Tue) -
今年は連日の猛暑で、汗を流しながら暑い夏を実感しています。
毎年、課せられた年間課題をこの時期集中して書くのですが・・・去年はかなり大変な思いをしたので(自業自得なんですが)今年は計画的に取り組んで!と思い書き始めましたが・・・
「取りあえず、これだけ出来ていればなんとかなるかな・・・」なんて気持ちになったらまた去年と同じかな
08夏_年間課題
今年は楮遂良の「枯樹賦(こじゅのふ)」・・・3尺×8尺の紙一枚に60文字・・・全臨で8枚ほど!これを2種書く予定!
既に「枯樹賦_聴雨楼帖本」は2日間で、でっきあがり~~
あと1種8枚・・・今年は余裕

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。