スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
081231 SAIPAN入港
- 2008/12/31(Wed) -
8時SAIPAN入港。GUAMより暑い
何を買うわけでもないのですが、今日もOFFなので街にくり出しました。DFSギャラリアまでバスで10分ほど。
ブランド店を片っ端から見ていきます!買いもしないのに!
エルメスのお店でバッグ作りの実演をしていましたので、できるまでの工程をジックリ見学。
081231saipan_2
通訳の方がいらしたのでいろいろ質問!職人になるための学校があり、一年かけてバッグを一つ全部手作業で作り上げるのだそうです。最初は250人ほどの生徒がいますが、一年後には10人ほどしか残っていないそうです。そして最終的に残るのは数名とか。
私、ブランド物には疎いのですが、すすめられたバッグは、なんとなんと70万円なり~ヒョ~ってカンジです。
081231saipan_1
またまた、そそくさとお昼には船に戻ってきました。ここでも海とは無関係。

081231saipan_3
16時30分ごろから楽しいセイルアウェイパーティーです。
プールサイドは既に大勢の人たちでごった返しています。
ヘリコプターからのフラワーシャワーがとってもキレイなのです。今回はどのくらいお花をキャッチできるか・・・ブーゲンビリア、プルメリア、ハイビスカス・・・赤やピンクのインクを撒き散らすかのように青い空から降ってきます。大好きな光景のひとつです。

今夜は、飛鳥プロダクションショーもあり、カウントダウンパーティーもありで大忙しです。
081231カウントダウンパーティー
カウントダウンは11時半から徐々に盛り上がり・・・
3・2・1 HAPPY NEW YEAR

スポンサーサイト
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | ▲ top
081230GUAM入港
- 2008/12/30(Tue) -
午前7時GUAM入港
081230guam_1
7時頃から入国審査が始まり、たっぷり2時間はかかります。
それが済むと皆さんオプショナルツアーに出かけます。
081230guam_2
外では現地の子供たちが歓迎のダンスを披露しています。

私達は・・・「一昨年はダイビングを体験したし、去年はパラセイリングを体験したし・・・今年は・・・水着は持ってきたけど今さら泳ぎたいわけでもなく」というわけで、GUAMに来ても海に入ることなく午前中街に出てちょっとお買い物。お昼には戻って、午後はのんびり。
初日にメールアドレスを取得しているので、家族にメール。でもこのメールがちょっと高くて・・・送受信ともけっこうかかります。写真添付なんてしたら・・・昨年は10回ぐらいの送受信で5000円くらいかかってしまいましたビックリです。

夕方、日本丸も入港して、飛鳥とお見合い。
081230guam_3
今夜は演芸会。古今亭志ん馬師匠の落語です。
22時GUAMUを出港してSAIPANに向かいます。
あとは夜中までダンスタイム少しずつ踊れるようになってきました。

この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | ▲ top
08.12.29 終日航海  小谷実可子さん講演
- 2008/12/29(Mon) -
いつものことですが、29日午前2時に日本とGUAMUの時間調整があります。
GUAMUに近くなると1時間進ませるのですが、寝ている間のことなので・・・いつものように6時半に起きたつもりが7時半!なのです~。ウォーク・ア・マイルも体操にも行けず慌てて朝の支度です。

この日は、朝の10時から「私のシンクロ人生」と題して小谷実可子さんの講演がありました。
小谷実可子さん「私のシンクロ人生」
今日に至るまでの、限界を超えた練習と血の滲むような努力の日々を淡々と明るくお話する姿に、一つの目標を達成した自信に満ちた姿を見ました。
,また今も、可能性に挑戦し続ける姿に感動と共感を覚えました。
お話の締めくくりに、「アスリートに限らず、何か一つの目標に向かって努力している人は皆同じことに苦しみ、同じことを考え、感じているんじゃないかと思うようになりました」という言葉が心を打ちました。
以前からTV等でオリンピックやスポーツを見るたびに・・・私が常々やっていることはレベルが違いすぎて比較にならないかもしれませんが同じように感じていたことなので、小谷さんのお話を伺って嬉しくなってしまいました。

小谷さんのお話にまたエネルギーをもらい、午後から張り切って2回目の教室!またもや定員オーバーの大盛況で、写真を撮る暇がありませんでした

今夜のドレスコードはインフォーマル。ちょっとオシャレして。
一番最初の飛鳥クルーズのときは何も分らず「旅の荷物は最小限に」が常識と思っていましたが、船の旅はちょっと違います。
船がホテルで、ホテルの移動がないのですから・・・それにドレスコードもあったりするので、今回の10日間の旅に持っていった靴は5足そして草履。ドレスコードに合わせた洋服もそれなりにという感じです。
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | ▲ top
08.12.28 終日航海
- 2008/12/28(Sun) -
快晴 気温20度 17ノット
<ノット-KNOT->
起源は帆船時代に船の速度を測る時、1マイル(1852m)毎にノット(コブ・節)を作ったロ-プを流し、1時間に流れ出たコブの数が、速さを表す「○○ノット」として使われたところからきているそうです。

*速さ(ノット)
一定時間に移動する速さを表す単位で、1ノットは1.852km/h。
例えば、20ノットなら
20ノット×1852m=37040m=37.04km/hと、なります。
ゆっくり進んでるなと感じるときは、だいたい13~14ノット、頑張って航行してるなという時は19ノット位で進んでいるようです。
かなり速いスピードで進んでいると思ったときは時速40kmくらいのスピードですね。
ウォーク・ア・マイル_2
朝6時半から太陽燦燦の中、デッキを歩きます。
小笠原諸島付近を通過すると、ようやく夏らしい風に変わってきます。

081228硫黄島
硫黄島を通過・・・ぐるりと一周・・・写真は一枚で納まりきらず2枚つなげてみましたが、それでも全景ではありません。左手があのすり鉢山でです。

午後からの教室の準備をしたり、元旦のパフォーマンスのMC原稿作りやら・・・あまりのんびりしていられません。

乗客800名と聞いていますので、各教室満席状態のようです。
私達の教室も定員の倍以上の方々にお越しいただき嬉しい悲鳴!です。
飛鳥のリピーターのお客様は、この教室のリピーターにもなってくださり、「毎年楽しみにしています」と嬉しい言葉も聞けたりしてありがたいことです。
忙しすぎて、一回目の教室写真撮り忘れ~
16時半終了・・・休む間もなく夜の準備です。ここからが解放される時間ですから私もパワー全開
今夜のドレスコードは「カジュアル」で西川社中のコンサート。お正月らしい民謡のコンサートです。
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | ▲ top
08.12.27 終日航海
- 2008/12/27(Sat) -
目覚めると、眼前にはどこまでも続く青い海です!
朝食の時に、あちこちのテーブルでは「昨夜は揺れましたね~~。眠れませんでした~。もう酔い止めのお薬頂きました。」なんて会話が聞こえてきましたが、私は熟睡で・・・朝は6:30 快適にお目覚め
081227航跡
珍しく初日の仕事がなく、朝からゆったり気分で7デッキを歩きます。
一周440m・・・2周も歩くとジワッと汗が。
ウォーク・ア・マイル_1

午前中には恒例の避難訓練です。
081227避難訓練
お部屋からライフジャケットを身につけてきますが、デッキにも備えてありますし、各ボートにも非常食の準備があるから心配無用です。ただ訓練の時は皆さん身軽な格好でやってきますが、万が一の時は暖かい服装で!まあ、そんなことは心配する必要はありませんが。
081227鳥島
12:30頃鳥島を通過
伊豆諸島最南端に位置し、面積約4.8K㎡の活火山島で、風向きによっては硫黄の匂いがしてきます。絶滅していたと考えられていたアホウドリは現在は國際保護鳥で、その生息地である鳥島は、国の特別天然記念物に指定されているそうです。

081227餅つき大会
船の中では、いろいろな催しが。11デッキプールサイドでは餅つき大会が。
一日目のOFFを有効に活用して社交ダンス教室、タガログ語教室に参加。
夜は毎晩ダンスを踊るため皆さん熱心に練習しています。

レストラン「フォーシーズンズ」のウエイターさん達はみんな明るいフィリピン男性で上手に日本語を話しますが、私もタガログ語を少し憶えて楽しくコミュニケーション!
maraming salamat(マラミン サラマッ)「ありがとう」です。最後の子音は発音しません。
salamatpo・・・poが付いて(サラマッポ)さらに丁寧な言い方になります。
これで、もう仲良し気分です

081227終日航海フォーマルナイト
お部屋には毎日こうして飛鳥デイリーが届きます。
12.27は終日航海、そしてドレスコードはフォーマルです。夕方からはこの指定のドレスコードで過ごします。だから、最低2回は着替えるという毎日です。
081227キャプテンズ・ウェルカムパーティー
私は、もうユニフォームと化した赤いカクテルドレスで
キャプテンズ・ウェルカムパーティーで徐々に旅の気分は盛り上がっていきます。
081227フォーマルディナー
フォーマル・ディナーはこんなカンジ。美味しく頂きました。

一日目があっという間に終り、明日からの教室に備え・・・熟睡
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | ▲ top
2008.12.26 19:00出港
- 2008/12/26(Fri) -
081226出港_1
今年は比較的暖かく、穏やかな航海が期待できるかもしれません。
今回のクルーズには800名余りのお客様がご乗船とか・・・凄いです。
いよいよF先生とふたりで明日から船の教室が始まります。楽しい教室にしま~す

17時頃から手続きをして船に乗り込みます・・・大桟橋には日本丸も停泊していて・・・一日遅れで飛鳥Ⅱと同じコース辿るそうですから、どこかでまた会うかもしれませんね。

081226出港_3
お食事は2回に分けているけど・・・1回に400名の食事を準備するのは大変なことだと思います。私達は2回目の食事で、先に出港前の18時から、もう飛鳥プロダクションショーを観ることになっています!
081226出港_2
この船の旅で、何が楽しみかって・・・このプロダクションショーだけが唯一私の楽しみで・・・現実を忘れて夢の中にひたるひとときです
19:00横浜港を出港
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | ▲ top
今夜はコレを聞きながら
- 2008/12/25(Thu) -
クリスマスツリー2008
12月21日にパンパシフィック横浜ベイ東急で講演会・・・ホテルの入り口には綺麗な綺麗な巨大クリスマスツリーが光り輝いていました。
巷はクリスマスで盛り上がっていたんですね~。
この数日間・・・仕事が終わってから夜中に俄か荷造り。
そして一足先に荷物は船に運び込まれているはず。

今年はいつも以上に忙しく、いつお休みしたか思い出せず毎日が淡々と過ぎて。
落ち着く暇もなく明日が出発!
そうなんです、今年も12月26日から1月4日まで船の仕事でお出かけです。
そして5日に新春展・四人展の飾り付けのお手伝いで銀座へ。翌日6日から11日までが開催日。
アイのうた2
今夜はコレ↑「アイのうた2」を聞きながら、明日の荷造り第二段・・・果たして出かけるまでに間に合うのか・・・
決して忘れてはいけないものは勿論書道用具ですが、私を支える強い味方のコレも必需品です。
必需品
「飛鳥クルーズ旅日記2008」は帰ってきたらUPしま~す
では行ってきます
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(0) | ▲ top
『悩む力』 姜尚中(かんさんじゅん)著
- 2008/12/24(Wed) -
だいぶ前に『悩む力』 姜尚中(かんさんじゅん)著を読みました。
感想を書こうと思いながら日が経ってしまい・・・
いい記事をみつけました!ご本人のインタビュー記事貼り付けておきますので興味がわいたら読んでみてください。

プロ論  姜尚中さん

あわせて読んだもの
「人生のほんとう」池田晶子著
「14歳からの哲学」池田晶子著
この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(2) | ▲ top
着付け教室 卒業
- 2008/12/20(Sat) -
着付け教室_卒業

先日、最後の着付け教室がありました。
4ヶ月間の教室で・・・初めは「左が上よね」なんて言ってて・・・何も解らず、本当に着れるのかしらと心配でしたが、皆さん見事着付けを習得し、お正月には銀座を闊歩することに
お顔を披露してもいいと許可を得たのですが、やっぱり私が恥ずかしいので・・・ちょっと仮面を。失礼。ちなみに中央の一番お姉さんっぽいお顔が先生、工事中の仮面が私!後姿も決まってるでしょ!(写真をクリックすると大きくなります。)


お正月に「松屋 銀座店」で『久保田一竹と川崎景太展』というのがあります。
花に魅せられた二人の芸術家が競演する絢爛豪華な世界が楽しめそうです。
銀座のお正月・・・「書燈社新春展 併催四人展」も忘れずにお立ち寄り下さい
この記事のURL | ホビー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今日のおやつ
- 2008/12/17(Wed) -
08.12.17教室_1
今日は今年最後のお稽古でした。1時ごろから皆さんやって来てそれぞれに書き始め、ひたすら書き続けます。
そして3時になると、持ち寄ったおやつが休憩時間のお楽しみになっています。
今日は金沢の和菓子 諸江屋の落雁・・・鹿の子模様の可愛らしい入れ物の中にちっちゃなお花の落雁がたくさん入ってます。さすが、加賀百万石・・・美味しいお菓子がいっぱいありますね。
和菓子_落雁花うさぎ

もうひとつ・・・和菓子 大吾の銘菓【爾比久良(にいくら)】は 月刊誌『一個人』)の特集“日本一の手みやげグランプリ”和菓子部門で第一位に輝いたものらしいです。
外側の黄味羽二重が口の中でしっとりと溶けていきます。
中には栗も丸ごと入っています。
和菓子にいくら

08.12.17教室_2
そして私は、最後の追い込み・・・年末年始のパフォーマンス(席上揮毫)の練習です。
筆は何を使おうか?・・・紙のサイズはどうしよう?・・・詩文はどうする?
気持ちは焦るばかりです。
せめて足腰だけでも鍛えておこうと、大作の作品を書く時期になると始める事はスクワット森光子さんには負けられませんと思いながら、とりあえず30回くらいから始めてます
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。