スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
MAMMA MIA!!
- 2009/01/31(Sat) -
MAMMA MIA! もう最高!!


ABBAのヒット曲とともに観る人を魅了する「マンマミーア!」は最高にhappyな気持ちにさせてくれる。
一緒に口ずさみながら、母と娘の愛と絆の物語に、笑ったり胸が一杯になって泣けてきたり・・・

娘ソフィーの結婚式前日から結婚式当日までの時間に、ギッシリと愛が詰まっている。
ドナ役のメリル・ストリープがホントに凄い!あの歌唱力とアクションにはビックリ!また改めて大好きになってしまった

劇団四季の「マンマ ミーア!」も勿論大好き!でもこの映画はもっと好きかも~。
絶対また観に行こう
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・演劇・DVD・TV・MUSIC | CM(4) | ▲ top
国立新美術館では
- 2009/01/29(Thu) -
加山又造展

加山又造展が開催されています。
一時間ほど時間が空いたので、急遽「新美に行けば何かやっているだろう」くらいの気持ちで入ったのですが。
「名前は聞いたことがある、たしか日本画家・・・」程度のことで何の知識もなく飛び込んだのです。
最初に目に飛び込んでくる「雪月花」は・・とても斬新で、着物や帯の柄にしたら凄いだろうなと見入ってしまいました。
プルフィールを見てみればやっぱり!!
加山又造は・・・祖父は絵師、父は京都西陣の和装図案家という家庭に生まれていたのですね。なるほど!ですね。

6章から構成されていて、1章の動物たち、あるいは生きる悲しみでは図案化されたような動物の身体が、箱根の寄木細工を思い出させたり、『月と縞馬』では足は16本なのに顔が3頭分しか見つけられない・・・などなどいつもながら低次元な見方。
2章の時間と空間を超えてではまさに日本絵画そのもので・・・四季を一つの絵に描き込んでいるのは、まさに帯や着物の世界で、メインの部分も凄いんですがバックに描かれているものが、果てしない広がりを感じさせるものでした。
3章の線描の裸婦たちでは『黒い薔薇の裸婦』もとても素敵でしたが、私は『白い薔薇の裸婦』がとても惹かれました。

6章までそれぞれとても見応えがあり、刺激を受けて豊かな気持ちの一日となりました。
この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(0) | ▲ top
高尾は雪がちらちら
- 2009/01/24(Sat) -
今朝 高尾では、雪がちらちらと舞い降りてきました。
あの、雪が降りてくる瞬間ってワクワクしますね。

高尾は雪でした
高尾の土曜講座・・・みんな一生懸命練習している中・・・ちょっと失礼して。
ふわふわ降りてくる雪に気持ちを奪われてしまいました。
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(2) | ▲ top
スキニーパンツ
- 2009/01/22(Thu) -
毎週 週末に向けてユニクロの広告が入ります。
先日、藤原紀香さんがモデルでスキニーパンツをはいていました。
紀香さん
大きな勘違い!とは知りながら無性にスキニーパンツが欲しくなり・・・買いに走りました!
同じになるはずがないのは、はなから承知ですが・・・
スキニーパンツコーナーでは同じ勘違いをしている女の子が彼氏と買いに来ていて・・・
「紀香がはいているからカッコイインダゼ!勘違いすなよ~」と彼女に言い聞かせているのを聞きながら『それでも私は買いますよ!』と心の中で言いながら・・・とりあえず無難な黒を買ってきました。
同じカッコでポーズをとってみましたが・・・(この時点で頭おかしいのは気付いてますよ)
やっぱり違います!当たり前ですよね!ですが・・・

今!
スクワット30回
足後ろ上げ各30回
ヒップアップに、太もも引き締め~!
春になるまでに近付いてやる!
スキニーパンツ無駄にはしないぞ!!
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(2) | ▲ top
インフルエンザ流行中
- 2009/01/20(Tue) -
火曜日に行っている高校が、インフルエンザで学級閉鎖になってしまいました。インフルエンザが、かなり蔓延してきているようです。
皆さんも気をつけてください。

私の場合・・・授業や講座であちこち出掛けます。代講なんてしてもらえませんから、うがい・手洗い・マスクを忘れずに、気をつけてます。
気合で風邪も寄せ付けません!

午前中は、時間がポッカリ空いて昨年の暮れからの忙しさから、ようやくホッと一息ついた感じでした。なんとなくボーっと時間をすごしてしまい・・・少し後悔。やることは、いっぱいあるのに。
はやく活気を取り戻さなくては!
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(0) | ▲ top
久保田一竹と川崎慶太展 MATSUYA GINZA
- 2009/01/12(Mon) -
久保田一竹と川崎慶太展


新春展・四人展の会期中に、銀座の松屋で「久保田一竹と川崎慶太展」やってました。
一竹辻が花はあまりにも有名で誰もが知るところですが、お花とのコラボがおもしろそうで立ち寄ってみました。
生花が、辻が花をより美しくダイナミックに引き立てて・・・煌びやかな世界を楽しみました。
この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(0) | ▲ top
2009.01.10銀座画廊で
- 2009/01/12(Mon) -
2009.01.10
銀座画廊で新春展開催中に会場で席上揮毫がありました。
今回四人展メンバーの一人として席上揮毫をしました。
2009.01.10席上揮毫_1
会場にある作品三点とは違ったものを観ていただきたいと思い、今回は2×8尺(60×240cm)の紙で。
午前は、縦書きで・・・
「雪無限」

雪 無限  時を忘れ 真綿のような雪が降る降る


「無」まで書いたら、かなり紙が余ってる!?ん~苦肉の策で 「限」 がかなり長~~い!

午後はトップバッターで筆を持つことに!
少ししっとりと縦書きで書こうと思っていたのですが、きっと緊張で手が震えるかも~と思ったので急遽詩文を変更!
前日に決めたものは横書き!・・・イメージだけで、実際書くのはこのときが初めてなので結局緊張感はあまり変わらない。上手く紙に収まってくれればいいがと少し不安も感じながら。
2009

「朧夜にDANCE DANCE」

DANCE DANCE DANCE 風に誘われ舞う 花びら数多(あまた)
・・・以前作った詩を少しアレンジして。

できることを盛り込んで、近代詩文書の楽しさを多くの人に感じてもらいたいと思ったのです。
横書きOK!英語OK!ちょっと乱暴ですが、紙からはみ出しても読めるならOK!
緊張の中 初めて書いたわりには、墨の潤渇も文字の配置もまあまあうまくいったので・・・書き終えてひとり心の中でニンマリしてました

この記事のURL | | CM(2) | ▲ top
2009書燈社新春展 併催四人展
- 2009/01/12(Mon) -
2009.1月6日からから11日まで第20回書燈社新春展 併催四人展が開催されました。

090106新春展・四人展

連日本当に多くの方々にご来場いただきました。ありがとうございました。
毎日大入りで、毎日前年度を更新するほどのご来場者だったようです。
ご来場いただいた皆様には本当に感謝感謝です。ありがとうございました。
今回は四人展に選抜され、5m50cmの壁面に作品を発表させていただきました。

書に携わってきた中で、陰ながら応援し続けてくれた母のことを書かずにはいられませんでした。母のエネルギーに満ち満ちて懸命に生きていた時代の一片でも書き残せたらと念じた「なついろに染まる」。「種」「飛び立つ君に」は、日々成長する子供達に生きる喜びをもらい、それを漢字仮名交じり書に表現できる幸せを経験させていただきました。
2009.01.06四人展
発表するにあたり考えていたことは・・・大きなテーマとして「いのちの継承」ということ。
そして詩を読みすすめていく中で情景が心の中に広がり、色を感じ、明るい光を感じ、清々しい空気を感じることによってこの同じ空間を共有できれば嬉しいな なんて思っていたのですが・・・。

今回大作に使った雅印三点も、かなり質問等が多く・・・
雅印三点
印は全て師匠に彫っていただいたものです。(写真が正面からではないのですが・・・)
右の白文の印は前からあったもので、今までの作品に必ず登場していた印です。
中央の朱文は今回作っていただいたもので「種」の作品に使ったもの。
左の白文印も今回のために。これが最も質問等が多く・・・「飛び立つ君へ」に使った印でした。
まず、「なんと彫ってあるのかがわからない」と言われ・・・漢字だという先入観で見ると解りません。
「IKU」とアルファベットが彫ってあります。本文にカタカナを使っていることと、夢に向かって進む若者をイメージして彫ってもらったもので、これからの作品にも活躍しそうです!

四人展作品_1
「なついろに染まる」180×240cm

乳白色の時が 次第にはっきりと色分けされた世界となっていく

夏の朝が始まる

母は朝市の帰り道 籠や手の中

赤 緑 黄 紫 と鮮やかな色で

輝きあふれさせる

いのち 弾ける

夏の朝の母の色


四人展作品_2
「種(しゅ)」240×90cm

幸せな種 芽生え 伸びる

水の一滴 光の一筋に支えられ

大地に根を張り 太い幹となる


四人展作品_3
「飛び立つ君に」240×115cm

巣ヲ離レタ鳥達ハ チカライッパイ翼ヲ広ゲ

無垢ノ風ヲ掴ンデ空タカク飛ブ ソシテ未知ノ世界ヲキリ拓イテイク

翼  拓


予想以上の反響の中で・・・少し戸惑いながらも、また新たな気持ちで書作活動を続けていきたいと思っています。ありがとうございました。
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
あけましておめでとうございます
- 2009/01/05(Mon) -
2009年がいよいよ始まりましたね。皆様にとっても良い一年になりますように。
初日の出

私も健康に気をつけて、毎日を大切に過ごしていきたいと思います。
毎年、ちっちゃなことですが、目標を決めて何かに取り組もうと言う意気込みを持ってますが・・・今年は・・・ちょっと落ち着いてから書き込みしようかな。
まずは明日から始まる書燈社新春展・併催 四人展です。
銀座にお越しの時は是非お立ち寄り下さいませ。お待ちしております。
毎日会場にいますので気軽にお声をかけてくださいね。


昨日船の仕事から帰って来ました。brog用に写真の整理を始めたのですが・・・パソコンに向かいながら眠っていました。今夜何とかしたいと思っていますが・・・
今日は銀座へ、明日からの新春展の飾り付けです。行ってきます。

この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(3) | ▲ top
090104 14時横浜入港
- 2009/01/04(Sun) -
090104日の出
船上からの日の出も今日が最後となりました。
今回はお天気に恵まれ、日の出も何度か見ることができました。今年もいいことがたくさんありますように。

日本に近付くにつれ、次第に海の荒れもおさまってきました。

お客様からもクルーズスタッフからも「来年のクルーズも待ってますよ」と嬉しい言葉をいただきました。
超人気の教室でしたが、どうなりますか?
「ステージでの迫力ある書きぶりに感動しました!」と声をかけていただき「四人展にも伺わせていただきます」と言ってもらい嬉しい限りです。
こうしてやってきたことが次につながっていく事を実感した旅の仕事でした。
感謝、感謝でした。
この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。