スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
- 2009/02/15(Sun) -
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
レボリューショナリーロード
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが夫婦役を演じる『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

ディカプリオの映画で好きなものは「ギルバート・グレイプ」「仮面の男」「タイタニック」。「ブラッド・ダイヤモンド」の時はすご~く逞しく感じましたし、そして今度は、ディカプリオが父親役・・・もうこんな役が似合う年齢になったのかと思いました。「大人になったねェ」とついお婆ちゃん口調になってしまいます。

夢を追いかけて、生きがいのある人生を送らなくてはいけないと、自分を追い込んでいくエイプリルの姿は・・・結婚して子供が生まれ育てているうちに、若い頃描いていた自分の夢が遠のいていく焦りや不安が膨らんでいく心情をよく表現しているとは思いましたが・・・実際の結婚生活では、誰しも感じることで・・・その辺の女性の心理描写やリアルな生活観をもっと深く描いて欲しかったような気もちょっとしたりして。
1950年代の社会事情がどうだったのか・・・国の違い、時代や文化の違い等、いろいろあるかもしれないけれど・・・子育て中の大変さがあまり感じられなかったのは私だけかな?

いつか子供の手は離れるし、自分のやりたいこともできるようになってくるのに・・・と言う訳にはいかなかったのかな?もっとプラス思考で生きて欲しかったと感じた映画でした。

「MAMMA MIA!!」 3回目観てきました
あの、007のピアース・ブロスナンの歌がちょっと・・・なんですが、何回見ても楽しい!
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・演劇・DVD・TV・MUSIC | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。