スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ある日の昼食会
- 2009/04/28(Tue) -
巷では16連中の会社もあるとか言われているけど、一般庶民の私は暦通り。
毎日展の作品もなかなか出来上がらず、焦っている毎日です。
09焦る毎日展作品制作
縦に書いたり横に書いてみたり・・・詩文を変えてみたり・・・連休前半はギリギリまで悩みそうです。

そんな中ですが、お料理上手のお友達が集まって昼食会私は・・・食べるほう専門
昼食会
なんとも春らしい昼食会になりました。
グリンピース御飯・旬の筍・春野菜の温サラダ・牛蒡と鶏肉の煮物・春キャベツの酢の物・大根菜のおかかまぶし・フルーツポンチ豪華なお昼をいただきました。
春野菜は目にも胃にも心にも優しいので、こころがほぐれてきますね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 食す | CM(2) | ▲ top
釣りキチ三平に及ばず
- 2009/04/19(Sun) -
この季節 やっぱりお散歩ですね!森林浴 森林浴!
09泉の森_1

車で10分くらいのところに 泉の森 という自然公園があり、毎年この時期は森の中を歩きます。鶯の鳴き声を聴きながらの散歩はとっても気持ちがいいんです。

09泉の森_2
お花見もようやくゆっくりでき、大好きな八重桜を花吹雪とともに楽しんできました。

森の近くに釣堀があるのですが、今日初めて入ってみました。
09泉の森_4

釣り そのものが初めてなんですが・・・初めての釣りが金魚釣りですよ!(金魚すくいはお祭りの夜店でよくやりましたが)
いけす?の周りには若い親子連れが殆んどで・・・その中にお爺ちゃんお婆ちゃんが日向ぼっこのように寄り添っていて、そして中途半端なホセと私。

中には、金魚と鯉の稚魚が入っていて・・・「引きがあったら素早く上げて」と言われても、何せ金魚ですから!
浮きが微妙にピクピクしてはいるのですが、引きの手ごたえが全くなく気がつけば餌だけがなくなって。こんなことを繰り返しているうちに鯉の稚魚が釣れました!生まれて初めて引きの手ごたえがどんなものかを感じた瞬間でした。
釣りキチ三平もどきは、一時間で金魚6匹、鯉の稚魚3匹。
いつか本当の釣りもしてみたいなと思いながら、金魚釣りオプション付きのお散歩終了~~。

午後からは、毎日展の作品制作!の予定だったのに・・・。
090419フラワーアレンジ
薔薇を頂いたのでアレンジして。

濃いピンクの薔薇と薄ピンクの薔薇、ピンクのカーネーション、紫はデルフィニウム・マリンブルー、グリーンはブプレウルム

結局、一日のんびり遊んでしまいました。

金魚を釣りながら金魚のことを。
金魚はもともと中国で作られた魚。
金魚は縁起がいいんだそうです。日本の招き猫のような感じ。
楊逸著『金魚生活』まだ読んでないけど、ちょっと読んでみたい小説。
昔昔は金魚売りがいて・・・

風にのって かすかに聞こえる金魚売りの声

和金 琉金 が時を越え

尾びれを揺らめかせている

また夏が来る



この記事のURL | 行楽 | CM(4) | ▲ top
青葉若葉が目にやさしく
- 2009/04/18(Sat) -
4月の若葉
若葉が目に優しく、4月から5月にかけて緑が深くなっていくのを見るのが大好きです。
さつき
さつきの濃いピンクが明るく弾んだ気持ちにしてくれますね。

今朝、BSフジでAM8:00からやっていた「ラジヨガ体操」
ラジヨガ
ラジオ体操のように気楽に始められるヨガということらしい。
ちょっといい感じ・・・これなら続けられそう!
薄着になっていく季節。ちょっと頑張らねば!
この記事のURL | 日々の由無し事 | CM(0) | ▲ top
09春の書燈社研究会
- 2009/04/17(Fri) -
4月16・17日の二日間、書燈社研究会が行なわれました。
春の研究会は、夏の毎日書道展に向けての作品制作。
09春の研究会_1

書燈社の先生方は、本当に親身になって優しく指導してくださいます。受講生の皆さんも力がはいります。ちょうど、書燈社の船本芳雲理事長が巡回して、参考揮毫をしてましたので私も一緒に勉強風景を激写!
二日目の朝、合同合評会を終え、それぞれに課題をかかえ残された時間でより良い作品制作へと、疲労感と充実感とを背負いながら帰途についたのでした。
 研究会は毎年、春の近代詩文書と秋の古典研究会の二回ありますが、それぞれに充実した勉強ができてとても良い研究会です。

ところで、この研究会はいつも横浜関内の文化体育館で行なわれるのですが・・・近くに沖縄物産のお店があり、お昼休みにちょっと覗いてみました!
09春の研究会_3
沖縄の工芸品や楽器、食品がたくさんありましたが、その中から・・・私の目にとまったおもしろ言葉のいくつか・・・
09春の研究会_2
「ちょっちゅね~」は昔 具志堅用高さんが流行らせましたが・・・
黒糖の一口サイズお菓子は疲れた身体に優しく染み渡る甘さでした。その他にお砂糖コーティングしたピーナツの「ちょっちゅね」も頂きましたが、どちらもオススメ!
他には、ゴーヤ茶、うっちん茶、うこん茶が並んでいましたが・・・パッと見 読み間違えてしまうお茶がダブルで並んでいて・・・棚の前でひとりウケ!思わず写した一枚!
うっちん茶は初めて飲みましたが、こちらもうこんの味がしました。。。うっちんって・・・どういう意味?
ちょっと調べてみましたが分りません。「うちなー」が沖縄のことらしく・・・沖縄のお茶という意味なのでしょうか?
『沖縄の方言 エミおばさんのうちなーぐち大辞典』というのを見つけましたので、沖縄に遊びに行くときはお役立ち~!!
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
お散歩日和
- 2009/04/13(Mon) -
木蓮の花が咲きました。
090412横浜散歩_1

桜の花もじっくり眺めないうちに葉桜になり・・・少しは春の陽気を楽しまなくちゃ!と思いまして!
車が車検から戻ったので、それじゃあちょっとその辺をドライブとなりました。
090412横浜散歩_3

やっぱり横浜が好きで・・・
とりわけこの辺は歩いていて楽しい場所で、この季節の若葉が伸び出す頃の若草色と、海の青と空の青とがひとつになる景色が好きです。
090412横浜散歩_2

偶然、今日は飛鳥Ⅱのワールドクルーズ出港の日でしたので大桟橋にも行って来ました。
さすが世界一周の旅! 日曜日でお天気も良く、見送りの人々ですごい賑わい。
090412横浜散歩_4

久しぶりに見る飛鳥Ⅱはやっぱり大きい!
この記事のURL | 行楽 | CM(0) | ▲ top
09蘭秀会書展
- 2009/04/12(Sun) -
1月の書燈社新春展でお会いしたのがきっかけでblog「心の免疫力」を知り沙於里さんと何度かコメントをし合っていたのですが、先日展覧会があるというので行って来ました。
時間もあり、町田なら近いということもあり・・・それならblogだけでなく実際にお会いしてみようと思い立って。
沙於里さんはとても明るくて一生懸命で、可愛くて素敵な方でした
あふれるエネルギーに影響されてきました。
09蘭秀展_1
作品は70点ほどありました。個人的に好きなものを何点か。

私は、縁あって出逢う人々がたくさんいて幸せだなあと、素敵な出逢いがあった時にいつも思います。
この地球の人口からみたら、私が出逢えるひとはほんのひとにぎり・・・だから出会いは大切にしたいですね。「きっと同じ写真がお互いのblogに載るわね」と言いながら記念写真も撮ってきました。
09蘭秀展_2

この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(2) | ▲ top
09書燈社展 作品UP
- 2009/04/08(Wed) -
HP「試作の詩作」でも紹介してますが、毎年詩を作るためのテーマがあります。
2008年は<接点>がテーマでした。

ムーランルージュ:ラ・グーリュ
19世紀末パリの大衆文化に活躍した画家・ロートレック。
ダンス・ホールや劇場、娼館などに入り浸り、歓楽の世界に生きる芸人たちや娼婦などの人々の華やかな姿や、表面には出さない悲哀を描いていました。
ムーラン・ルージュとはロートレックが気に入っていたナイトクラブの名前です。この店から依頼されて描いたのが、このポスターです。1891年に描いたこのポスターにより、ロートレックは有名になりました。


そこで、去年この『ロートレック展』を見たのをきっかけに作ったのがこの詩「扉のむこう1891」
今年の書燈社展の作品です。

扉を接点にこちら側から1891年のムーラン・ルージュへタイムスリップ。
ロートレックのポスターではル・グーリュという踊り娘がモデルになってますが・・・私の妄想の世界では、踊り娘はマリーという名前。
書燈社展09作品_郁子(240×180cm)

「扉のむこう 1891」

MOULIN ROUGE(ムーランルージュ)

扉をあければ そこはセピアに染まる

ダンスホールの賑わいが 身体を包み込み

ホールの中央では ドレスを翻し 女がまわる

赤いルージュがどこか哀しげ

踊り娘 MARIE
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
絵本の魔術師 エリック・カール展
- 2009/04/08(Wed) -
エリック・カール展
そごう美術館でエリック・カール展が始まったので早速行って来ました。
この絵を見たら、みんな行きたくなるのではないでしょうか!
現役の子育て中のママも、遠い昔に読んであげたママも!
我が家も・・・娘達と懐かしさと興奮の中とても楽しんで見てきました。
家でも、お出かけの電車の中でも欠かせない一冊でした!コレさえあれば泣き止んで夢中になれるような夢いっぱいの絵本ですよね。

エリック・カール展_グッズ
ついつい・・・グッズもとっても可愛くて、娘と買い集めてしまいました。最新作の絵本も何冊か買ってしまいましたが、読んで聞かせる孫がいるわけじゃなし。しばらくは自分の癒しのために眺めるって感じでしょうか。
この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(0) | ▲ top
09書燈社展 大作群
- 2009/04/06(Mon) -
090404書燈社展
4月2日から6日まで書燈社展が開催された。4日の土曜日は、午前・午後と席上揮毫も行われた。

特別規格の 書燈社創始者の『青木香流の臨書 Vol.3』は、肉筆を見るチャンスが限られているので毎年楽しみにしている。

作品は・・・高校生の作品、一般の規格サイズの作品、大作の作品、そして審査会員の先生方の大作の作品、評議員・会員の大作作品 全三百点以上の作品が所狭しと、壁面を埋め尽くす。

今回の書燈社理事長の作品は、横浜らしい風景を読んだ作品でした。
書燈社展09作品_1 (作品はクリックでかなり大きくして見る事ができます)

今年は「青木賞」受賞作もありました。淡墨で情緒豊かに安曇野を描いた作品です。
書燈社展09作品_2

「書燈社賞」は2点 
書燈社展09作品_3

書燈社展09作品_7

「会員賞」は3点
書燈社展09作品_4

書燈社展09作品_6

書燈社展09作品_5
この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(0) | ▲ top
書燈社展 今日は席上揮毫
- 2009/04/05(Sun) -
今日は、書燈社展で席上揮毫が行なわれました。
高校生が凄腕で、感動してしまいました!
09書燈社展_高校生

書きっぷりも素晴らしく、書き上げた作品も素晴らしく、書いてる時も迫力満点で見ているあちこちから感嘆の溜息がきこえていました。
この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。