スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夏の終りは研究会!
- 2009/08/25(Tue) -
22・23日は恒例の社中の夏の研究会でした。
毎年これが始まるまでは、ブ~ブ~言いながら年間課題をこなし、当日は暑い暑い体育館の中で熱い熱い二日間を過ごす・・・「イヤだ、イヤだ」と言いながらみんなけっこう楽しんでいたりするから、書の魅力って不思議です。
09夏季研究会_1
一日目は全員が6尺8尺の紙で、大作に挑みます!初めての人にはこれも大変なことですが、書く文章(詩・短歌・俳句など)も自作のものという約束があり、この研究会までに準備しておくことは多いのです。
でも、なぜかみんなやみつきになってこの苦しみの中に飛び込んでくるのです。

二日目は、毎日展の審査会員の先生方に席上揮毫をしていただきます。
09夏季研究会_2
これは宮本博志先生が一字書で「坐」を書いているところ。

09夏季研究会_3
午後には50人ほどの年間課題の古典臨書を全て批評していただくという手厚い指導を受けて。
この研究会が終わると、みんなで声を揃えて「これでやっと夏も終りだねェ~」とホッと溜息をつきながら貴重な夏の二日間が終わります。


スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。