スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
無計画な我が家のシルバーウィーク 2
- 2009/09/24(Thu) -
二日目は、宿泊地の新大阪からまた京都へ向かいますが、途中伏見稲荷大社があるので「じゃあ、午前中はそこへ」
軽い気持ちでしたが・・・いまだに筋肉痛!
京都_4
この地図を見て、本殿から一の峯まで1.5km 約30分・・・往復1時間のつもりで登り始めましたが、延々と続くこの朱色の鳥居をくぐっているうちに「なんだか全部まわったら良い事ありそうな気持ちになってくるね」と息を切らしながらお山めぐりに変更。4km 2時間コースです。
京都_6
途中、可愛らしいきつねの絵馬に引き寄せられて願い事を書き込みました。
京都\5
叶うといいですねェ。

午後向かった清水寺は身動きとれないくらいの混雑で疲れ果て・・・この二ヶ所だけで歩数計は15000歩!足はさすがにガクガクでした。あとは時間的にも無理ということで市内の名所をいくつか車から眺めながら観光終了~~。
翌朝も4時出発で、渋滞にあうこともなく無事帰宅。
ちょっと忙しく、お土産屋さんをのぞく暇もなかったけれど、有意義な旅でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 行楽 | CM(4) | ▲ top
無計画な我が家のシルバーウィーク 1
- 2009/09/24(Thu) -
シルバーウィーク終わっちゃいましたねえ。

我が家は急に決まった京都行き。
朝4時に出発したので、渋滞にあうこともなく京都に到着。
市内は観光客であふれています・・・どれだけ見て廻れるのか・・・
09京都めぐり
一日目は到着後三十三間堂と東寺の二ヶ所。
二日目は伏見稲荷大社と清水寺の二ヶ所と市内を車で流すだけでタイムアップ。それでもかなりハードでした。

まずは三十三間堂へ。
京都_1
京都_2
長いお堂は約120mあり、正面の柱間が33あるので三十三間堂。堂内の1001体の観音像は圧巻でした。
京都は国宝や重文が多く思うように写真が撮れないのでパンフレットを参照。
三十三間堂パンフ_1
三十三間堂パンフ_2
1001体のなかの中尊「十一面千手千眼観世音」と堂内両脇の「風神と雷神」はもちろん国宝。
力強く躍動感あふれる風神雷神でした。あらためて造像の素晴らしさを感じてきました。

次に向かったのが、一番行きたかった東寺。
京都_3
新幹線からもよく見える五重塔は東寺の象徴で、この美しさにはしばし見とれてしまいます。

空海の『風信帖』を勉強し臨書している私としては、空海が歩いたであろう同じ地を歩いてみたかったのです。
こちらも内部の写真は撮れないのでパンフレットを参考に。(パンフレットの東寺の文字は榊莫山の書)
東寺_1
嵯峨天皇の時代に空海が東寺を賜ったとき(823年)は金堂と小さな僧房が建つだけだったという。
東寺_2
その金堂には本尊の薬師如来坐像と日光・月光菩薩。静かな中にも、ここで向き合っていると見るほどに厳かな気持ちになり、自然に背筋が伸びていました。
東寺_4
弘法大師空海によって建設が計画された講堂は、825年に造営が始まり835年頃には完成したという。835年に空海が高野山で入定するまで、ここに仏像による立体曼荼羅の空間作ろうと全精力を傾けたのです。
大日如来を中心に五智如来、五菩薩、五大明王、四天王、そして梵天、帝釈天の21躯の仏像がせまってきました。

一日目はこの二ヶ所の見学で日が暮れてしまいました。
何せ急な思いつきの行動で手ごろなお宿が京都では見つけられず新大阪で二泊になってしまい、この移動の時間がちょっと無駄だったのが反省・・・やっぱり「旅行は計画的に」ですね。
この記事のURL | 行楽 | CM(2) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。