スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「千の風になって」
- 2006/05/26(Fri) -
HP「書をたのしむ」のトップページに「千の風になって」をプラスしました。2003年の朝日新聞「天声人語」で紹介されて話題になりましたよね。今では本屋さんに「千の風になって」の本が何種類も置いてあるのを見かけます。
心に沁みる詩で、是非書きたいと強く思い2004年秋に書いたものです。
トップページに載せるにあたり、原文と訳詩の全文をここに記しておきたいと思います。

「千の風になって」

詩の原作者についてのページも読みました。


A THOUSAND WINDS

Do not stand at my grave and weep,
I am not there, I do not sleep.

I am a thousand winds that blow;
I am the diamond glints on snow,
I am the sunlight on ripened grain;
I am the gentle autumn's rain.

When you awake in the morning bush,
I am the swift uplifting rush
Of quiet in circled flight.
I am the soft star that shines at night.

Do not stand at my grave and cry.
I am not there; I did not die.


次の詩が新井満さんが訳詩したものです。

「千の風になって」

私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に 千の風になって あの大きな空を 吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ 
冬はダイヤのように きらめく雪になる

朝は鳥になって あなたを目覚めさせる 
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません  死んでなんかいません

千の風に 千の風になって あの大きな空を 吹きわたっています

千の風に 千の風になって あの大きな空を 吹きわたっています

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「空海」 三田誠広著 | メイン | ゴーヤチャンプルー>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumemizuki.blog39.fc2.com/tb.php/110-f1e18058
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。