スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「空海」 三田誠広著
- 2006/05/27(Sat) -
こんなに面白い「空海」についての小説は初めてです!

三田誠広著 「空海」

書をやっている人なら必ず臨書している空海。あまりにも有名ですが、知識としては歴史の教科書のように、年代をおって事柄を覚えている事のほうが多いのではないかと思います。
しかし!この三田誠広著「空海」は非常に面白い!
箇条書きで頭に入っていた空海についての僅かな知識がこの本によって俄然生き生きとよみがえり、空海という人物に血が通い肉がつき世界がふくらんでいくのです。
断然オススメです!
上下巻あるいは上中下巻という膨大な活字量ではなく、コレ1冊で読みきりも私には魅力的。

いかにも手作りというカンジの三田誠広のHOMEPOAGEを見つけました。

「空海創作ノート4」なども合わせて読むとどうやってできていったのかが少し分って面白いです。

この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<フラワーアレンジ ふといのクランツ | メイン | 「千の風になって」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumemizuki.blog39.fc2.com/tb.php/111-af6599b6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。