スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
書の町 望月町 その4
- 2006/11/22(Wed) -
ちょっと忙しく・・・更新サボってましたが、望月町の看板シリーズ再開です。
本当に沢山写真を撮ってきたのですが、フラッシュのせいで見づらいのであと何点かお気に入りを紹介します。
看板19


看板20


看板31

看板35_1
この鳩時計は横も裏面にも書いてあります。

ほんの1時間ほどの間に60くらいの看板を見て歩き、非常に満足した時間を過ごしました。

さて最後になりましたが、今回の一番の仕事は師匠がここ望月町で看板を書くという大仕事の紹介です。

数日前に、左手薬指を骨折してしまい・・・しかし見事な仕事ぶり!
仕事1

仕事2
こっちは近い将来オープンの蕎麦処の看板です。
なお、こちらの様子は天来書院のHP「天来自然公園掲示板」にも載っています。こちらは同行していただきました天来書院の比田井和子さんのblogです。
そしてもうひとつ・・・「訛を追えばそこがふるさと」を揮毫中です。
仕事3

最後に美味しいお酒とお料理!に話もはずみ、
ご馳走1

ご馳走2

ご馳走3

そして美味しい手打ち蕎麦を頂き最終の新幹線で東京へと帰ったのでした。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「肉筆浮世絵展 江戸の誘惑」 江戸東京博物館 | メイン | 書燈社 秋の古典研究会 その2>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumemizuki.blog39.fc2.com/tb.php/197-66d56545
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。