スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
07.01.02 終日航海
- 2007/01/02(Tue) -
今日は一日 OFFです。。。いろいろ見学する予定。。。嬉しいです。
海も穏やかです。
朝はジョギング、ストレッチでスタートです。船の中では運動不足に食べすぎが心配・・・考えることは同じようで、けっこう皆さん熱心です。

10時から、恒例の「十二単 着付けデモンストレーション」
十二単_1
昨年も見ましたので、説明は去年のblogから抜粋。
一枚着た上に更に一枚と・・・重ねて着ていく事15分ほど?
十二単は、女官・女房の正装で下から、白小袖・紅袴・単衣・五衣・表衣・内掛け・唐衣を着て、腰に裳を着付けます。
見せていただいたのはおそらく白小袖・紅袴を着けた状態からスタート。
五衣(いつつぎぬ)の重ね着のところでしょうか。一枚目の袖が一番長く、色を重ねるごとに袖が少しずつ短くなります。
色の美しさは勿論ですが、実用面で汚れ防止・・・お洗濯の省力化という意味もあるらしいですね。
さて、昔も今も 庶民も姫も 自然現象は平等に・・・お手洗いはどうするのということですが・・・
その前に、裳とは正装用に腰から下の後方に着ける衣服で裾が扇状に開いています。
「裳抜けの殻」という言葉をよく聞きますが、ここからきているのです。
身に着けていた五衣から裳までを一気に脱いでしまいます。これでお手洗いも「まにあわな~い」と泣くこともありません。ホッ
見事な早業です。
十二単_2
着付けをする方も格があるそうで、前で着付けをする人の方が格下だそうです。

さて、次は操舵室を見学に。
操舵室_2

操舵室_1
いろいろな計器類があり、地図にコンパスに・・・映画のワンシーンのようです。

飛鳥Ⅱミニ知識(「飛鳥Ⅱのすべて」という書物から抜粋)
電気や水はどうしているかというと、電力は機関室にあるディーゼル発電機で供給されます。
水は巨大な造水機を使って海水から真水を作るほか、清水を貯めておくタンクも備えています。だから電気の供給が止まることも、水不足の心配も無用なのです。凄いですね!

この記事のURL | 飛鳥クルーズ旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<07.01.03 終日航海 | メイン | 07.01.01 元旦 終日航海>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumemizuki.blog39.fc2.com/tb.php/231-e635d457
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。