スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
トホホ・・・家にはいれない・・・
- 2006/01/26(Thu) -
PM6:30
仕事を終え買い物をして家路につき、玄関ドアの前で鍵を探す。

「ない!!ない!どこを探しても鍵がない。」確かに持って出たはず、と今確かめたばかりのカバンの中を再度掻き回す。。。やっぱりない。トホホです。。。
こんな時の行動っておかしなものです。
ないと知ってるのに何度も何度も鍵を探してみるのです。ブツブツと独り言を言いながら。

夫に電話をすれども・・・電話に出る気配はない。
10分経過。再度かけても留守電なのです。いつもそうなので期待はしてませんでしたが、ちょっと悲しい時間でした。
さらに10分経過。指先っちょ・足先っちょがジンジンと冷えて痛くなってくる。

次に子供にSOSメールしてみる。運が良ければもう帰る電車の中のはず・・・
「おお~返信メールだ~」もうちょっとで、なんとか家の中に入れそう。

この間、ただ震えながら待っているのも馬鹿らしい・・・そうだ!今日友人から「生協の白石さん」を借りたことを思い出した
寒さとイライラを忘れるには最高です。
blogが話題になった時もかなり笑わせてもらいました。
やっぱり白石さん、いい人です。

生協の白石さん

ドアの前に佇み・・・1時間弱経過。
本も読み終え、ちょうど娘も帰ってきた。この時ばかりは天使のように見えました。
PM7:30
ようやく家に入ることができ、温もる事ができました
この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<「ユーガットメール」 DVD | メイン | 「博士の愛した数式」>>
コメント
-本の効用-
この寒空の下、本当にお気の毒な事でした。
でも「生協の白石さん」がマッチ売りの少女のマッチの役割を果たしたのですね。良かった~白石さんのほのぼのとした温かさがじわりと胸に染み込むなかなか良い本です。

ところで、鍵はどちらに?
2006/01/30 02:27  | URL | maa5 #-[ 編集] |  ▲ top

-はっはっは・・・持ったと思った鍵は-
玄関の下駄箱の上に鎮座ましまして・・・ご主人の帰りを待っている役に立たない鍵でした
v-16
この日は、本当に白石さんに救われました。
2006/01/30 09:38  | URL | totinoki_195 #-[ 編集] |  ▲ top

-あるある!!-
たまにあるのよね。この前、駅からトイレを我慢して帰っていたら、鍵がない!!その時は近くのお店で用を足したけど・・・
夫は窓から入っているところを近所の人から空き巣に間違えられそうになったり・・・

下の子をあわてて病院に連れて行って、帰ろうとしたら鍵がなく、娘の中学校まで行って、授業中の娘から鍵をもらってきたこともありました。職員室で、お願いしたら、「ありますよ。私も」と優しい先生。

年とともに、恥ずかしい話は、山のように貯まっていきます。
2006/01/31 21:22  | URL | キリギリス #-[ 編集] |  ▲ top

-私もけっこうキテマス。-
まだ、たまにある・・で済んでるけど・・・

この先 自分はどういうふうに老化してくんだろう?と興味と心配が募るばかりです。

少しでも進度を遅らせようと、こうしてblogにもチャレンジしてるんだけど・・・

効果があるのか、無駄な抵抗なのか・・・
精一杯あがいていきまっしょ!ネ。
2006/02/01 08:24  | URL | totinoki_195 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumemizuki.blog39.fc2.com/tb.php/29-26c47bcd
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。