スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「プリズンホテル」浅田次郎著
- 2007/08/27(Mon) -
久々の読書がこれである!こんなふうにページは始まっている。。。

奥湯元あじさいホテル館内のご案内
ご注意
一、情報収集には万全の配慮を致しておりますが、不慮のガサイレ、突然のカチコミの際には、冷静に当館係員の指示に従って下さい。
一、客室のドアは鉄板、窓には防弾ガラスを使用しておりますので、安心してお休みください。
一、破門・絶縁者、代紋ちがい、その他不審な人物を見かけた場合は、早まらずにフロントまでご連絡下さい。
一、館内ロビー・廊下での仁義の交換はご遠慮下さい。
                                                       支配人
お客人 各位


なにこれ?どんなホテル??どんな小説ヨ!?と思ってしまう。
私は映画でも小説でも任侠もの・極道ものは殆んど見ない。そっち関係の知り合いももちろんいない。
頭に浮かぶのは岩下志摩や夏目雅子の「なめたらいかんぜよ!!」という台詞くらいで。
しかし・・・これはかなり雰囲気が違う。面白おかしくてふざけたカンジだけど泣かせる。
登場人物があったかい・・・木戸中蔵親分も木戸孝之介先生も支配人も板長も、みんなみんな会ってみたくなる。巷ではプリズンホテルと呼ばれていても、一度泊まったら必ずまた行きたくなるような・・・珍客ばかりが集まる温泉宿での大騒動に巻き込まれてみたくなる。
中蔵親分の経営するホテルは最高!

夏から始まり秋・冬・春の全四巻。オススメ!
プリズンホテル浅田次郎著

この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<栗炭 by甘栗の老舗「林万昌堂」 | メイン | 江ノ電WATER携えて>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumemizuki.blog39.fc2.com/tb.php/312-33e33629
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。