スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
魂萌え! 桐野夏生著
- 2007/10/05(Fri) -
「魂萌え!」
桐野夏生「魂萌え!」
NHKのドラマにも映画にもなっているようですが、どちらもまだ見ていません。
原作は・・・あまり・・・

 どこにでもありそうな一家だけど。。。夫の隆之が突然63歳で逝ってしまった。残された妻の敏子は59歳の平凡な主婦。。。平凡な主婦だけど、今時そんな感じの主婦っているの?という印象。年代が違えば専業主婦といっても違ってくるのでしょうけれど。
この敏子の行動が、場合が場合とはいえ現実的ではないような気がして。そんなに簡単に初対面のひとを信用するかしら?と。
夫の死と向き合い、現実と向き合っていくうちに自己主張していく様子はちょっと興味深く、文庫本の上・下巻 一気に読んでしまったけれどあまりいい印象は残らなかった。
この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<「フラガール」 [TV] | メイン | HERO [映画館にて]>>
コメント
-私も-
敏子さんには、違和感があります。
59歳より上の世代・昭和一桁の私の母たちが60代だった頃、こんな感覚を持っていたかもしれないなと思いました。

案外、男の人に評判が良い本かもしれません。


2007/10/07 20:49  | URL | きり #-[ 編集] |  ▲ top

--
これは、ちょっとイライラする感覚がありました。いくらなんでも、そこまではしないでしょう!?なんて思いながら。

オススメの本があったら教えてくださいね。
2007/10/09 18:56  | URL | totinoki #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumemizuki.blog39.fc2.com/tb.php/333-07490735
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。