スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「芽吹きの音」 見付拓編
- 2007/11/21(Wed) -
芽吹きの音 見付拓編
ようやく第二段 「芽吹きの音」が刊行されました。

書はもっと親しみのあるものでなければならない。
書はもっと身近な存在でなければならない。
書はもっと自分の感懐を表現するものでなければならない。

そうしてできた詩集「筆笛の詩」(blog2006.10.26)に続き、第二段の「芽吹きの音」です。
師匠である書家船本芳雲先生編集の「芽吹きの音」。

私のHP「書をたのしむ」の「試作の詩作」でわかるように毎年詩のテーマを決め、作品制作のために詩作したものを中心に集めたものです。

まえがきで分るように、近年著作権の問題が大きくクローズアップされ、「書」表現の世界でも詩人、歌人、俳人の方々のものを書いて表現することが、だんだん難しくなってきています。

そこで、「書」表現のために自由に使える詩集第二段を作ろう!ということになったのです。

多くの方の目に触れ、「書」表現のために活用されることを願っています。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クリスマス・イルミネーション | メイン | 創造空間9001>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumemizuki.blog39.fc2.com/tb.php/354-67982b57
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。