スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
山種美術館 《春のめざめ》
- 2008/01/24(Thu) -
久しぶりの絵画鑑賞です。
山種美術館は初めて行く所で・・・ちょっと迷ってしまいイギリス大使館を一周してしまいました。

数年前に初めて美術館で見た日本画は油絵の西洋画と違って平坦な印象を受けましたが・・・分からないなりに何度か見る機会を得るうちに、なんとなく好きになり、琳派もスゴイし・・・酒井抱一、小林古径も好きかななんて好みも出来てきたりして。。。。今回は小林古径さんの日本画もよかったですが、この上村松園<春のよそをひ>がとっても素敵でした。
上村松園 「春のよそをひ」

山種美術館_1

同じ人が描いた絵でも六十歳を過ぎてからの絵に魅力を感じたのは何故でしょう・・・無駄な線がなく、そして筆致にもゆとりを感じられたりしたのです。
この感想からいくと・・・較べるのもおこがましいですが、私もまだまだこれからが伸び盛り!?
なんて思いながら帰ってきたのでした。

出光美術館では、「王朝の恋 描かれた伊勢物語」というのをやっています。これも見てみたいですね。
この記事のURL | 書・絵画・写真鑑賞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<574578! | メイン | 神奈川代表書家展・<併催>新進作家展>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumemizuki.blog39.fc2.com/tb.php/379-3379909a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。