スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
着付け教室_3
- 2008/03/14(Fri) -
雨の中、大きい荷物を持って、仕事帰りに着付け教室に通う・・・皆さんけっこう強い意志を持って通っていると感じます。
休む人はいません。。。仕事帰りというのもあるけど、皆さん限られた時間にマスターしようというのが伝わってきて、2時間の講座ですが、誰も休むことなく、繰り返し繰り返し練習します。
その成果あって後半には、かなり形良く着られるようになってくるから驚きです。
私も、襟元がシャキッとならないのはまだ解決しませんが、一応けっこうスピーディーに最後まで一人で着られるようになり、先生に、「これならひとりで着て、お出かけできるわよ~」と言っていただきました。

先生は、最初に「同じ着物は着てこないようにします。」と仰っていたんですが・・・何箇所も教室があると・・・・・・「え~!!これ先週着てきたのお~??」とかなりショックのようでしたが、帯はちがいますね。

雪輪という模様は雪国ではよく使われるようで、季節はあまり関係ないようです。
着付け3/14

着物も帯も雪輪の模様ですね。
着物は着物は備長炭染めの結城、帯はリバーシブルの袋帯だけれど500gほどしかなくて、とても軽くて締めやすいのだそうです。軽い分お値段はかなりのものなのでしょうね。。。
この記事のURL | ホビー | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<和の器に春を | メイン | 鎌倉 早春散歩 その2>>
コメント
-いつもすてきですね。-
帯を変えると、雰囲気が変わって、またいいですね。

ちょっとそこまで、と着物を着て行けるといいですが、自転車乗れないし・・・
2008/03/18 16:21  | URL | きり #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yumemizuki.blog39.fc2.com/tb.php/399-abe7effb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。