スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最近読んだ本
- 2009/10/31(Sat) -
香山リカ著 「しがみつかない生き方」
香山リカ_しがみつかない生き方
著作紹介から
平凡で穏やかに暮らせる「ふつうの幸せ」こそ最大の幸福だと、今、人々はやっと気がついた。雇用、医療、介護など社会のセーフティネットは重要だけれど、自分の外に求めるだけでは、人生はいつまでも満たされない。「ふつうの幸せ」を手に入れるには、「私が私が」という自慢競争をやめること。お金、恋愛、子どもにしがみつかないこと。物事の曖昧さ、ムダ、非効率を楽しむこと。そして他人の弱さを受け入れること―脱ひとり勝ち時代の生き方のルールを精神科医が提案。

今の時代、勝ち組とか負け組みとか・・・そういう言葉自体好きではないのだけれど・・・そんな競争至上主義にふりまわされて、大切なものを失っているように感じる。心が痩せていく気がする。
目的を持って前にすすむことは大切。でも、自分を必要以上に追い込まない。他人を蹴落とさない。
今ここに、こうして自分がいられることに感謝して淡々と・・・これが私の生き方かななんてちょっと振り返ってみました。最後はやっぱり心なんですよね。



この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(0) | ▲ top
<<嬉しい反面、ヨコに成長著しく・・・ | メイン | 再び 長倉洋海さん>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。