スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「眉山」 さだまさし著
- 2006/06/03(Sat) -
以前さだまさしさんの「解夏(げげ)」を読みました。
電車の中で涙をこらえられなかったのを思い出しました。

眉山



この「眉山」も一気に読んでしまいました。
文字も大きく行間もあいていて、ハードカバーではありますが、これって短編なのかな…400字詰原稿用紙320枚分。ってそんなに多い分量ではありません(書けもしないのに偉そうに!)。

東京で働く咲子は、故郷の徳島で母の龍子が末期癌であることを知らされる。
「神田のお龍」として多くの人に慕われてきた母の側で看病するうちに、母のいろんな想いを知っていく。
母を慕う人々との事、まだ逢った事のない父のこと、「献体」という耳慣れない言葉と、母の「献体」への思い。
そして何よりも毅然として誇りをもって生き、娘の自分を育ててきたこと…苦しく切ないけれども胸を張って愛し育ててきてくれたことに気付いた時涙が止まらなくなるのです。

ラストシーンに出てくる「阿波踊りの12日」の日は、お龍さんの心の中では決して忘れられない日だったのではないかと思うのです。
34年前のこの日に約束をしていたのではないかと思うのです。
大切な人と別れを決意し、一人で子供を育てると決めたその日その場所で、生まれ来る子供がそのときのお龍さんと同じ年齢になったら、一番大切な人と逢おうと決めていたのではないかと思うのです。

お龍さんは、ほんとに強い女性です。
この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(4) | TB(0) | ▲ top
「空海」 三田誠広著
- 2006/05/27(Sat) -
こんなに面白い「空海」についての小説は初めてです!

三田誠広著 「空海」

書をやっている人なら必ず臨書している空海。あまりにも有名ですが、知識としては歴史の教科書のように、年代をおって事柄を覚えている事のほうが多いのではないかと思います。
しかし!この三田誠広著「空海」は非常に面白い!
箇条書きで頭に入っていた空海についての僅かな知識がこの本によって俄然生き生きとよみがえり、空海という人物に血が通い肉がつき世界がふくらんでいくのです。
断然オススメです!
上下巻あるいは上中下巻という膨大な活字量ではなく、コレ1冊で読みきりも私には魅力的。

いかにも手作りというカンジの三田誠広のHOMEPOAGEを見つけました。

「空海創作ノート4」なども合わせて読むとどうやってできていったのかが少し分って面白いです。

この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダ・ヴィンチ・コード
- 2006/05/10(Wed) -
GW明けからお天気がすぐれず…まさしく晴耕雨読の日々。

忙しくもあったのですが、あまり面白そうな映画もなく、だいぶ足が遠のいていましたが…中旬過ぎにはまた面白そうな映画がたくさん封切のようで楽しみです。

トム・ハンクスとジャン・レノが来日でかなり話題のダ・ヴィンチ・コード

ダヴィンチコード

この配役を頭に浮かべながら、まずは「ダ・ヴィンチ・コード」読了!
かなり面白い!
この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(2) | TB(0) | ▲ top
リリー・フランキー「東京タワー」
- 2006/04/13(Thu) -
リリー・フランキー

リリー・フランキー 名前は目にしていましたが最初は、よくある青春ロマンスの、海外の作家かと思ってました…
子供に聞いたら知ってました。イラストレーターでおもしろおかしい作家らしいのです。
でもこの「東京タワー」は今までとは違うようです。はじめての長編小説とか。
2006年の本屋大賞に選ばれたというので早速読んでみました。

ユーモアを交えながらオカンのことを淡々と書き綴っていく…自分の母に対する思いなんかも重ね合わせながら読み進めていくうちに、後半で一気に泣かされました。(今朝は腫れた瞼で出勤でした。目が重くて開きませんでした

基本的に私は、映画でもTVドラマでも、小説でも、母親のこと・子供のこと・動物のことが書かれているものには涙腺が緩みます。
誰にとっても 母は永遠でいて欲しいものです…
母親に対する思いってみんなどこか共通するものがあって…この本を読んで、いつも思っていても面と向かって言葉に出来ないことを形にしてくれたという気がします。

今年の夏には、フジTVでドラマ化決定!
「オカン」が田中裕子さん、「ボク」が最近私もお気に入りのあの「水曜どうでしょう」の大泉洋さん。
どんなふうに見せてくれるのか楽しみです。

この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(2) | TB(0) | ▲ top
芥川賞受賞作
- 2006/02/28(Tue) -
文芸春秋を買い、早速、芥川賞受賞作の絲山秋子著「沖で待つ」を読んだ。

批評なんておこがましいし、じゃあ、書いてごらんと言われて書けるものでもないけれど…正直なところ、何か物足りなかったかな。

こんなの見つけました。
今日のあなたはどの文豪?
作家占い←ここをクリックしてみて!

ちなみに今日の私は「有島武郎」でした。
品格のある行動をとれば運が開ける一日になるとのこと

では、今日一日 「品格 品格」と呪文のように唱えながら、自らの行動に気をつけて過ごすことにいたしましょう。
ごめんあそばせ。


この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(4) | TB(0) | ▲ top
蒲生邸事件
- 2006/02/15(Wed) -
久々に読書。
最近書かれたものは読んでないけれど、宮部みゆきの作品は大好きでけっこう読んだ。なぜかこの分厚い「蒲生邸事件」は読みそびれていて…一気に読みました。
読み進むうちに時間旅行者の苦悩が伝わってくる。

最後の場面。
現代に戻り、ふきとの再会の場で読む手紙のシーンが印象的。
この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トホホ・・・家にはいれない・・・
- 2006/01/26(Thu) -
PM6:30
仕事を終え買い物をして家路につき、玄関ドアの前で鍵を探す。

「ない!!ない!どこを探しても鍵がない。」確かに持って出たはず、と今確かめたばかりのカバンの中を再度掻き回す。。。やっぱりない。トホホです。。。
こんな時の行動っておかしなものです。
ないと知ってるのに何度も何度も鍵を探してみるのです。ブツブツと独り言を言いながら。

夫に電話をすれども・・・電話に出る気配はない。
10分経過。再度かけても留守電なのです。いつもそうなので期待はしてませんでしたが、ちょっと悲しい時間でした。
さらに10分経過。指先っちょ・足先っちょがジンジンと冷えて痛くなってくる。

次に子供にSOSメールしてみる。運が良ければもう帰る電車の中のはず・・・
「おお~返信メールだ~」もうちょっとで、なんとか家の中に入れそう。

この間、ただ震えながら待っているのも馬鹿らしい・・・そうだ!今日友人から「生協の白石さん」を借りたことを思い出した
寒さとイライラを忘れるには最高です。
blogが話題になった時もかなり笑わせてもらいました。
やっぱり白石さん、いい人です。

生協の白石さん

ドアの前に佇み・・・1時間弱経過。
本も読み終え、ちょうど娘も帰ってきた。この時ばかりは天使のように見えました。
PM7:30
ようやく家に入ることができ、温もる事ができました
この記事のURL | 積ん読?読ん読? | CM(4) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。